高機動型試作機
高機動型試作機
機体名高機動型試作機  
型式番号YMS-08A
英語名HIGH MANEUVER PROTO MODEL
HIGHT MOBILITY TEST TYPE
所属ジオン公国軍
パイロット不明
装甲材質超高張力鋼
(超硬スチール合金)
装備ザク・マシンガン
(120mmマシンガン)
ヒートホーク
シールド
作品名MSV
内容(ポケット百科)  新型陸戦用モビルスーツ開発にあたって、YMS-07と競作のかたちで開発をすすめられたのが、このYMS-08Aである。
 新開発の推進エンジンを搭載し、短距離ジャンプが可能とされていたが、コストパフォーマンスがわるく、開発はMS-07に統合されることになった。

 MS-06Jに限界を感じたジオン軍では、機動性を向上させた新型陸戦用モビルスーツの開発にのりだした。
 そのひとつがMS-07計画だったわけだが、それと並行してすすめられていたMS-08計画もあった。
 そして試作機YMS-07が陸戦用モビルスーツのあるべきすがたをしめしたのに対し、YMS-08Aは、ザクのリファイン版にすぎなかった。
 YMS-08Aの基本設計はFタイプのザクのものを流用し、ラジエーターのパワーアップ、装甲の強化、ならびに機体の軽量化がなされている。
 接近戦やゲリラ戦を念頭においたつくりといえる。
 また、新開発の推進エンジンを背部ランドセルと脚部に装備し、短距離ジャンプ飛行が可能なように設計されてはいたが、出力不足で十分なジャンプはできなかった。
 けっきょく、この計画はMS-07計画に統合され、五機の生産にとどまっている。
内容(MSVコレクションファイル)  本格的な陸戦用MSの開発にあたって、YMS-07と競作の形で設計が進められたのが、このYMS-08Aである。
 開発は後に09型を製作し、一躍その名を知られることになるツィマッド社が行った。
 脚部に大推力ロケットモーターを装備しており、計画初期段階ではJ型を上回るジャンプが可能とされていたらしい。
 しかしこのロケットは燃焼効率が非常に低く、ツィマッド社の売り込み文句は画餅に終わってしまった。
 結局、この計画は社上層部と軍部の判断により中止とされ、次期陸戦用MSはジオニック社のYMS-07案へと一本化されることになる。
 本計画は失敗に終わったが、ここで培われた技術はやがて09型で結実するのである。
内容(ポケットカード)  ジオン軍では、MS-06Jにかわる地上用モビルスーツとして、YMS-07とYMS-08の2案を同時に進行させていた。
 前者はグフとして量産化され、実戦配備されるにいたった。
 YMS-08はおもに接近戦やゲリラ戦を念頭において開発がすすめられた。
 しかし、あまりにもMS-06Jを意識しすぎたため、完成した試作機YMS-08Aは、総合的にみてMS-06Jと大差のない性能であった。
 このためYMS-08は試作段階で計画中止となってしまった。
内容(Gジェネ)  ジオン公国軍の試作MS。
 ザクIIに代わる新型機として試作されたMSの1つで、宇宙空間での機動性を強化した機体である。
 開発はグフと並行して進められたため、フレームなど共通するパーツも多い。
 しかし高機動型ザクIIとコンセプトが重複することから、早い段階で開発が中断されている。
備考  なんか、GジェネFの記述だけ違うことを書いているような・・・?
関連機体 高機動型試験機
参考書籍 ポケット百科モビルスーツバリエーション2ジオン軍MS・MA編
MSVコレクションファイル[地上編]
講談社のポケットカード(9)
GジェネレーションF
MS大全集2003
頭頂高不明 全高17.7 m
本体重量55.7 t 全備重量不明
ジェネレーター出力不明 スラスター総推進力不明
アポジモーター数不明 センサー有効半径不明

これはフレームページです。
データはMS-LEXICON-Wikiへ移行中です。