グフ試作実験機
グフ試作実験機
機体名グフ試作実験機  
型式番号MS-07C-5
英語名GOUF EXPERIMENT MODEL
所属ジオン公国軍
パイロット不明
装甲材質超高帳力鋼
(超硬スチール合金)
装備ヒートサーベル
シールド
作品名MSV
内容  MS-07をライセンス生産していたツィマッド社が、同社にて開発中だった局地戦用MS用の実験母体として、MS-07グフから改修して製作した機体。
 詳しい資料は残されていないが、その形状から主に新型ターレットとヒート剣、脚部推進器などの稼動実験に用いられていたものと推測される。
 完全な実験機のために両腕の固定武装類は取り外されており、実験には参加していないようだ。
 後にこの実験データはツィマッド本社に送られ、MS-09の開発に取り入れられた。
内容(MSVコレクションファイル)  本機はマイナーチェンジシリーズとして知られるC型系の中でも、最も異色の機体である。
 腕のヒートロッドと内蔵機関砲を撤去し、07型の特徴だった固定武装を廃したのだ。
 実はこれは07型をライセンス生産していたツィマッド社が、開発中の局地戦機用機の実験機としてB型を改修した機体であり、軍によって便宜的にC-5の型番を授けられたのである。
 テストされた新機材は新型ターレットとそれに連なる関連機器および電子機材、そして装甲形状と脚部推進器であった。
 テストは北米の試験場で行われ、収集データはすぐさま本国に送られて09型の開発にフィードバックされた。
 本機の生産は1機のみで、実戦参加の記録はない。
内容(ポケット百科)  MS-07Cシリーズのうち、もっとも異色であったのが、このC-5タイプであった。
 この機は固定武装をもたず、ヒートサーベルを標準武装とし、モノアイを十文字形のものに換装したという、グフとは思えないほど型破りのモビルスーツであった。
 生産は一機のみで、実戦参加の記録はない。
 Cタイプとよばれる一連のマイナーチェンジ型のグフのうちでも、C-5タイプは異色であった。
 両腕の固定武装を廃し、新たにヒートサーベルが装備され、モノアイが十文字に換装された。
 じつは、この機は、つぎに開発されるYMS-09のためのデータ収集用テスト機で、一機しか製作されず、実戦にも参加していない。
 このC-5タイプによっておこなわれた実験のうち、もっとも重要だったのが新型推進エンジンをもちいた高速移動と、ヒートサーベルのテストである。
 そのため、背部ランドセルのバーニヤを可能なかぎり強化し、くわえて脚部に補助推進エンジンを装備している。
 くわしいテストデータはのこっていないが、いちおうの成功はみたらしい。
 なお、ヒートサーベルは、この時点で、すでに完成していた。
内容(ポケットカード)  MS-07グフは、MS-06Jより局地戦用モビルスーツの色が強かったため、C型とよばれる各種のマイナーチェンジ型が登場した。
 そのなかでも、もっとも異色だったのがC-5型であろう。
 固定武装を廃し、モノアイを十文字形に換装したり、標準武装としてヒートサーベルを装備するなど、グフシリーズとしては型破りであった。
 事実、このC-5型は、つぎに開発をすすめていたYMS-09ドム(プロトタイプ)のテスト機で、データ収集用につくられたものだった。
参考書籍 MSVコレクションファイル「地球編」
講談社ポケット百科シリーズ(33)モビルスーツバリエーション2 ジオン軍MS・MA編
講談社のポケットカード(9)
頭頂高不明 全高18.7 m
本体重量57.4 t 全備重量不明
ジェネレーター出力不明 スラスター総推進力不明
アポジモーター数不明 センサー有効半径不明

これはフレーム部分です。このデータページのみが表示されている場合は
TOPページへ移動してください。