レーテ・ドーガ
レーテ・ドーガ
機体名レーテ・ドーガ
型式番号AMS-119N
英語名ROTE DOGA
所属ネオ・ジオン
パイロット不明
装甲材質不明
装備不明
作品名不明
内容  ネオ・ジオンを再興した総帥シャア・アズナブルは自らを含むニュータイプ・パイロットの必要性を重視、サイコミュ・システムを導入したモビルスーツの開発を命じた。
 設計はネオ・ジオンのニュータイプ研究機関で行われ、汎用量産機AMS-119をベースに新型機の試作が開始されることとなる。
 こうして誕生した機体にはAMS-119N、AMS-120の開発コードが与えられていたが、いずれも所期の目標値を達成するのには至らなかった。
 後にこのニュータイプ用モビルスーツの開発はアナハイム・エレクトロニクス社に委ねられ、より可能性の高かったAMS-120はMSN-03ヤクト・ドーガへと発展していく。
 さらに、その過程で得られたデータをMSN-04サザビーが設計され、ニュータイプ用モビルスーツは最終的完成を見るのである。
 この試作されたAMS-119Nの1機は真紅に塗られ、MSN-04の完成まで暫定的にシャア専用機とされていた。
参考書籍 HobbyJAPAN 1988年6月号No.229
頭頂高不明 全高不明
本体重量不明 全備重量不明
ジェネレーター出力不明 スラスター総推進力不明
アポジモーター数不明 センサー有効半径不明

これはフレームページです。
データはMS-LEXICON-Wikiへ移行中です。