シスクード
シスクード
機体名シスクード  
型式番号LRX-077
英語名SISQUIEDE
所属エゥーゴ
パイロットシグ・ウェドナー
装甲材質不明
装備I フィールド・ランチャー
(メガカノン、ビームライフル兼用)
メガ・カノン
(Iフィールド・ランチャーに搭載)
ロングレンジ・ビーム・ライフル
(Iフィールド・ランチャーに搭載)
ビームサーベル
※オフェンスモード2を使用すると高機動格闘が可能
作品名SDガンダムGジェネレーション モノアイガンダムズ
内容  機体完成直後にエゥーゴがティターンズから奪取し、ティターンズのダークブルー系のカラーリングからエゥーゴカラーの白を基調としたカラーに塗り替えられたシスクード。
 奪取したシグ・ウェドナーがそのままパイロットとして搭乗し、実戦に投入されている。
 性能に変化はないが、より主人公機っぽい外見になっている。
 エゥーゴで運用するにあたってプロテクトされていた機能があることをアストナージが発見し、危険であることを承知でシグはその機能「オフェンスモード」を発動させる。
内容(Gジェネ)  ティターンズの試作MS。
 ティターンズが極秘裏に開発していた広域攻撃兵器「テラ・スオーノ」の護衛用に開発された機体の1つである。
 コストや運用性を度外視して極限まで機体性能を強化しており、従来のMSとは比べ物にならないほどのスペックを誇る。
 しかしその性能を完全に発揮した場合はパイロットに殺人的な負担を及ぼすため、通常時はリミッターにより性能を抑制している。
 主武装は I フィールド発生器兼用のロング・ライフルであり、攻防両面にわたって高い戦闘能力を発揮する。
 ガンダムタイプの機体であるが、頭部センサーにモノアイ方式を採用しているのが印象的。
オフェンスモード  機体性能を大幅に上昇させるモード。
 このモードを「オフェンスモード1」とも呼称する。
 ティターンズでは負荷の大きすぎるこのモードが未調整だったため、プロテクトをかけていた。
 このモードを発動させない限りシスクードの全能力は引き出せないとされていたが、アストナージの手によってその存在が解明、プロテクトを解除した。
 発動はパイロットであるシグに一任され、任意に発動することができる。
オフェンスモード2  オフェンスモードを発動させた後にさらに発動することができる高機動格闘モード。
 パイロットの負荷があまりにも大きすぎるため、ティターンズではプロテクトされていたモードである。
備考  性能に変化はないが、より主人公機っぽい外見になっている、って外見だけかよ・・・。
関連項目 プロジェクト・セイレーネ
関連機体 シスクード(ティターンズ)
デスパーダ
テラ・スオーノ
参考書籍 SDガンダムGジェネレーション モノアイガンダムズ
プロジェィト・セイレーネ機密ディスク
GジェネレーションSEEDプロフィールモード
頭頂高23.0 m 全高不明
本体重量38.1 t 全備重量不明
ジェネレーター出力不明 スラスター総推進力不明
アポジモーター数不明 センサー有効半径不明

これはフレームページです。
データはMS-LEXICON-Wikiへ移行中です。