シュツルム・ドーガ
シュツルム・ドーガ
機体名シュツルム・ドーガ
型式番号AMS-119R
英語名STURM-DOGA
所属不明
パイロット不明
装甲材質不明
装備不明
作品名不明
内容  ギラ・ドーガをベース機として、大気圏外専用に機動性能を高めるための重装備を施した機体。
 全身にスラスターユニットを追加することで、高速時における運動性はノーマル仕様を倍する数値を達成した。ニュータイプ用としての装備はなされていないが、この機体を制御するには非常に高度な技術を要求されるため、熟練度の高いエース級パイロットでなければ乗りこなすことは不可能。
 対ロンド・ベル戦で戦死したレズン・シュナイダーに与えられる予定だったと伝えられる。開発にあたったのは旧ネオ・ジオン時代にAMX-014等の重MSを設計したスタッフで、グリプス戦争以前は木星圏勢力に関係していたらしいと伝えれているが、真相は定かではない。
参考書籍 HobbyJAPAN 1988年6月号No.229
頭頂高不明 全高不明
本体重量不明 全備重量不明
ジェネレーター出力不明 スラスター総推進力不明
アポジモーター数不明 センサー有効半径不明

これはフレームページです。
データはMS-LEXICON-Wikiへ移行中です。