Temptatio vos non adprehendat nisi humana.
Fidelis autem Deus est, qui non patietur vos temptari super id quod potestis,
 sed faciet cum temptatione etiam pro- ventum, ut possitis sustinere
 

 AMESA DoJo Report 18 OCT 2014

 

内視鏡外科道場"アミーサ"で第51回トレーニングセミナー開催 <参加者の声を 聞く>

真崎先生(写真 中)は今は何でも屋だが、将来大腸のエキスパートを目指す。縫合シーンの少ない大腸だがリカバーに強くなりたい、幅を広げたいと参加。右ドライブがセンターからわずかに右にずれる動きがあったが、見事に修正。緻密で正確な動きを身に着けた。後半の難しいタスクも楽しみながらこなしていた。三浦先生(写真右)はハイボリュームセンターでマーゲンもコロンもやっている。縫合の底力をつけて応用の効く外科医になりたいと参加。JSESコースに参加経験があるだけあって、基本は十分完成されていた。運針や糸の牽引でのロスタイム軽減のヒントを着実に身に着け、スピードを獲得した。杉木先生(写真左)は本日の年長者だが、本格ラパロの研鑽開始は遅れ気味と参加。貪欲にアドバイスを受ける態度は尊敬に値する。自己流の癖が随所にあったが、最初のスクラッチ・ローテーションからどんどん修正し、あっという間に上達。姿勢が良く後半は脱力もできていた。ビデオディスカッションでも活発な質問が出てきて、おおいに盛り上がりました。モチベーションを保持すれば、今後もどんどん修練を積んで上達することでしょう。楽しみです。長時間お疲れ様でした。

コース内容:実技は内視鏡下縫合実技練習がメインです。どんな状況でも内視鏡下縫合がスムーズに行えるよう内視鏡下縫合の基本技術を徹底練習します。あなたの縫合技術のどこを修正すればよいのか、「あ、なんだ!なるほど」と目から鱗のアドバイスを差し上げます。このほかレクチャー、デモンストレーション、手術ビデオ供覧、ディスカッションを行います。このコースは日本内視鏡外科学会公認ですのでクレジット1ポイントが付与されます。

参加者の右脳には1日中嵐が吹きまくり、新たな境地に足を踏み入れることになるでしょう。

コース日程やお問い合わせ、お申込みはこちらから

上達するにつれて、力はいらなくなる

 

   

©2002 all rights reserved by ELK - endosurgery laboratory kanehira -