Temptatio vos non adprehendat nisi humana.
Fidelis autem Deus est, qui non patietur vos temptari super id quod potestis,
 sed faciet cum temptatione etiam pro- ventum, ut possitis sustinere
 

 AMESA DoJo Report 04 july 2015

 

内視鏡外科道場"アミーサ"で第57回トレーニングセミナー開催 <参加者の声を 聞く>

2週連続道場。今日も梅雨空だけど、気持ちは爽やかに行くぞ!合志先生(写真中)は 熊本出身。今は柏でラパコロン修行中の消化器外科医。今後も積極的にラパロを展開したいと参加。DSTの逆さパターンを克服するための、タバコ縫合も華麗に決めていました。4拍子もあっという間に身に着けました。成長著しい一日でしたね。中野先生(写真左)は能登半島からやってきた若き泌尿器科。上司が凄腕で、道場経験者。将来 は上司のように前立腺全摘、腎摘、腎部分切除の達人になりたいと参加 。狭い骨盤腔のボトムを想定したNMAの練習では実践さながらの緊張感で向き合っていましたね。スクラッチを上手に行えるようになりました。軸外しでも集中力は途切れず黙々と攻略。素晴らしかったですよ。奥田先生(写真右)は筑波から来た9年目の消化器外科医。 今後独り立ちしたときにラパロのチームを率いるだけの基本理論と底力を高めたいと参加。 技術だけではなくコンセプトに関するつっこんだディープな質問もたくさん出ました。連続縫合の縫い目はきれいでしたね。4大元素、6つの制御の重要性について、目を光らせていました。今日は上級者への大切なステップとなりましたね。みなさん、お疲れさまでした。

コース内容:実技は内視鏡下縫合実技練習がメインです。どんな状況でも内視鏡下縫合がスムーズに行えるよう内視鏡下縫合の基本技術を徹底練習します。あなたの縫合技術のどこを修正すればよいのか、「あ、なんだ!なるほど」と目から鱗のアドバイスを差し上げます。このほかレクチャー、デモンストレーション、手術ビデオ供覧、ディスカッションを行います。このコースは日本内視鏡外科学会公認ですのでクレジット1ポイントが付与されます。

参加者の右脳には1日中嵐が吹きまくり、新たな境地に足を踏み入れることになるでしょう。

コース日程やお問い合わせ、お申込みはこちらから

上達するにつれて、力はいらなくなる

 

   

©2002 all rights reserved by ELK - endosurgery laboratory kanehira -