Temptatio vos non adprehendat nisi humana.
Fidelis autem Deus est, qui non patietur vos temptari super id quod potestis,
 sed faciet cum temptatione etiam pro- ventum, ut possitis sustinere
 

 AMESA DoJo Report 29 August 2015

 

内視鏡外科道場"アミーサ"で第58回トレーニングセミナー開催 <参加者の声を 聞く>

ひどく暑かった夏だったが、突然秋の気配続く毎日。今日も3人の若武者が道場を訪れた。伊藤先生(写真右)は脂がのってきた中堅の外科医。上司の口コミがきっかけ。さすがラパロの伝統ある病院で鍛えただけあって素早い縫合だ。エラーを減らす秘伝を得たあとは、見事に滑らかな操作に改善。旺盛にタスクをこなし、軸外しでもPループの極意をマスターしていた。吉本先生(写真中)は、5年目の後期研修医。上司のきれいな手術に触発されて、内視鏡外科医を目指す。自己流の癖があったが、吸収力抜群で、一気にレベルアップ。連続縫合の4拍子も見事に習得。タイムロスが激減しましたね。針の持ち替えも見違えるようになりましたね。高尾先生(写真左)は婦人科専攻の後期研修医、金尾先生(癌研有明)の技術に憧れて内視鏡外科医を目指している。若くしてモチベーション高く、講義のときの質問も活発だった。繰り出す一連のタスクに目を輝かせて取り組んでいた。二の丸線またぎではmove the groundに魅了されたようで、晴れ晴れした表情で運針を続けていた。みなさんお疲れ様。ほとんど休みなく身体と頭を使ったので疲れたでしょう。さらなる成長を楽しみにしていますよ。

コース内容:実技は内視鏡下縫合実技練習がメインです。どんな状況でも内視鏡下縫合がスムーズに行えるよう内視鏡下縫合の基本技術を徹底練習します。あなたの縫合技術のどこを修正すればよいのか、「あ、なんだ!なるほど」と目から鱗のアドバイスを差し上げます。このほかレクチャー、デモンストレーション、手術ビデオ供覧、ディスカッションを行います。このコースは日本内視鏡外科学会公認ですのでクレジット1ポイントが付与されます。

参加者の右脳には1日中嵐が吹きまくり、新たな境地に足を踏み入れることになるでしょう。

コース日程やお問い合わせ、お申込みはこちらから

上達するにつれて、力はいらなくなる

 

   

©2002 all rights reserved by ELK - endosurgery laboratory kanehira -