Temptatio vos non adprehendat nisi humana.
Fidelis autem Deus est, qui non patietur vos temptari super id quod potestis,
 sed faciet cum temptatione etiam pro- ventum, ut possitis sustinere
 

 AMESA DoJo Report 7 November 2015

 

内視鏡外科道場"アミーサ"で第59回トレーニングセミナー開催 <参加者の声を 聞く>

朝夕はめっきり冷え込む季節になりました。でも道場は今日も熱かったですよ。高橋先生(写真右)は新潟からやってきた若手外科医。将来ラパロも得意な肝胆膵のエキスパートにになりたいと。今日は骨盤内のような狭小スペースでの縫合のコツを覚えたいと参加。言葉通りNMAのタスクでは目を輝かせてチャレンジ。貪欲に技と考え方を吸収していました。小林先生(写真中)も新潟から参加。中堅どころ外科医。上部専門ですでに体内再建もばっちりできる。合併症の少ない手術を目指したいと参加。エラーの確率を下げる方法をたくさん伝授。見事な上達を遂げ、連続縫合タスクでは横方向も滑らかに縫っていた。松井先生(写真左)は石川県からやってきた外科経験年数2年目の若手。志高く、LATG完全体内再建を手縫いでも行いたいと参加。二の丸線マタギのタスクでは、ものすごく楽しそうに運針を行っていたのが印象的。最初は荒削りだったが、大技小技ともあっというまに習得。エアスクラッチと5回巻きなど緻密な動きもできるようになった。半分は哲学・美学の伝授と思っているが、みな熱心に道場主の話を聞いてくれて嬉しい。将来が楽しみだ。がんばれ若者たちよ!

コース内容:実技は内視鏡下縫合実技練習がメインです。どんな状況でも内視鏡下縫合がスムーズに行えるよう内視鏡下縫合の基本技術を徹底練習します。あなたの縫合技術のどこを修正すればよいのか、「あ、なんだ!なるほど」と目から鱗のアドバイスを差し上げます。このほかレクチャー、デモンストレーション、手術ビデオ供覧、ディスカッションを行います。このコースは日本内視鏡外科学会公認ですのでクレジット1ポイントが付与されます。

参加者の右脳には1日中嵐が吹きまくり、新たな境地に足を踏み入れることになるでしょう。

コース日程やお問い合わせ、お申込みはこちらから

上達するにつれて、力はいらなくなる

 

   

©2002 all rights reserved by ELK - endosurgery laboratory kanehira -