Temptatio vos non adprehendat nisi humana.
Fidelis autem Deus est, qui non patietur vos temptari super id quod potestis,
 sed faciet cum temptatione etiam pro- ventum, ut possitis sustinere
 

 AMESA DoJo Report 21 November 2015

 

内視鏡外科道場"アミーサ"で第60回トレーニングセミナー開催 <参加者の声を 聞く>

2009年から7年もよく続いているな〜。今回で60回を数えたプライベート道場。修行した参加者の数は今日で152人。感慨もひとしおです。今日の若武者はふたり。斎田先生(写真左)は中堅どころのマルチプレーヤー外科医。JSESの講習受講済で、もう基本の糸結びはばっちりできている。しかし、スリップノットの法則や、左手甘噛みの練習方法など、目新しいことがたくさんあったようで、嬉々として練習に取り組んでいた。連続の4拍子、思い出して練習してくださいね。毛利先生(写真右)は若手から中堅への過渡期の外科医。大腸が好きで、将来も消化管のラパロに注力したいと参加。慣れないコンベックスインサイドや、直角スクラッチを何度も練習してくれました。よい癖をつけて底力をあげましたね。後半はNMAの練習も気合を入れてやってくれました。ドライバーのやや外転、サムズアップのくぐらせ方、思い出して練習してくださいね。いったいいつまで続くのか、アミーサ道場。若い外科医たちと接して、かれらの輝く目を見ていると、日本の外科の将来は明るいと思います。25年間ラパロをやり続けてきたひとりとして、ラパロを安全に普及させる努力を、地道に今後も続けたいです。

コース内容:実技は内視鏡下縫合実技練習がメインです。どんな状況でも内視鏡下縫合がスムーズに行えるよう内視鏡下縫合の基本技術を徹底練習します。あなたの縫合技術のどこを修正すればよいのか、「あ、なんだ!なるほど」と目から鱗のアドバイスを差し上げます。このほかレクチャー、デモンストレーション、手術ビデオ供覧、ディスカッションを行います。このコースは日本内視鏡外科学会公認ですのでクレジット1ポイントが付与されます。

参加者の右脳には1日中嵐が吹きまくり、新たな境地に足を踏み入れることになるでしょう。

コース日程やお問い合わせ、お申込みはこちらから

上達するにつれて、力はいらなくなる

 

   

©2002 all rights reserved by ELK - endosurgery laboratory kanehira -