Temptatio vos non adprehendat nisi humana.
Fidelis autem Deus est, qui non patietur vos temptari super id quod potestis,
 sed faciet cum temptatione etiam pro- ventum, ut possitis sustinere
 

 AMESA DoJo Report 12 February 2016

 

内視鏡外科道場"アミーサ"で第62回トレーニングセミナー開催 <参加者の声を 聞く>

3月というのに冬に逆戻りしたような天候のもと、今日も熱い気を吐いて道場が開催された。芹沢先生(左)はマーゲンGに所属。LAG完全体内再建も視野に入れ、縫合エキスパートを目指している。最初みられたエラーはコツを覚えたとたん消え、その後はシュアな縫合技術を身に着けていた。柔らかな手首を生かしたテクニックでバリエーションも楽しそうに取り組んでいた。佐々木先生(中)は食道G。最初粗さが見られた縫合も、安定度を増しファインな動きとなった。遠位から近位への動きを伴うと滑らかさが増した。連続縫合の練習では、器用にカウンターをかけていましたね。。熊谷先生はコロンG。最初からきれいな技術をもっていたが、いくつかのコツの習得とともに力強さが備わった。制限をかけた縫合でも正確さをアピールできていた。軸外しでも才能を垣間見せていましたね。本日の圧巻は何といっても、道場始まって以来の手術見学。単孔式ラパコレやTAPPを解説付きで見学し、連続縫合の極意も生で見れましたね。生きた技術のイメージを反芻して、日々練習に励んでください。お疲れ様でした。

コース内容:実技は内視鏡下縫合実技練習がメインです。どんな状況でも内視鏡下縫合がスムーズに行えるよう内視鏡下縫合の基本技術を徹底練習します。あなたの縫合技術のどこを修正すればよいのか、「あ、なんだ!なるほど」と目から鱗のアドバイスを差し上げます。このほかレクチャー、デモンストレーション、手術ビデオ供覧、ディスカッションを行います。このコースは日本内視鏡外科学会公認ですのでクレジット1ポイントが付与されます。

参加者の右脳には1日中嵐が吹きまくり、新たな境地に足を踏み入れることになるでしょう。

コース日程やお問い合わせ、お申込みはこちらから

上達するにつれて、力はいらなくなる

 

   

©2002 all rights reserved by ELK - endosurgery laboratory kanehira -