Temptatio vos non adprehendat nisi humana.
Fidelis autem Deus est, qui non patietur vos temptari super id quod potestis,
 sed faciet cum temptatione etiam pro- ventum, ut possitis sustinere
 

 AMESA DoJo Report 09 July 2016

 

内視鏡外科道場"アミーサ"で第66回トレーニングセミナー開催 <参加者の声を 聞く>

なかなか秋の気配が来ない9月10日。今朝、錦織圭は全米オープン準決勝で惜しくもワウリンカに敗退。悔しさを道場で跳ね飛ばそうぜ。池田先生(写真左)はモノづくり職から異色の転職を遂げた産婦人科医師。将来は産科も婦人科もできるオールラウンダーになり、手術チームを率いて指導者になりたいと。科が違うこともあり、目新しい技術や理論が展開して興味深かっただろう。生き生きと練習に励んでいた。pronation spinationのタイミングと安定化の意味を理解して、見事なknotting術を身に着けた。連続縫合の新リズムにもすぐに対応して自分のものにした。神津先生(写真 右)は後期研修医。ハイボリュームセンターで様々なラパロを経験し、興味を持った。特にLAGが面白いので、将来は上部消化管の専門家を目指すと。最初はやや硬い動きと左右のコーディネーション不足を感じたが、徐々に脱力でき、左右の鉗子の連動も滑らかになった。連続縫合のタスクはすでに上級者の安定感を感じた。続く360度でますます滑らかさに磨きをかけた。将来有望。ソフト針回し覚えていてくださいね。おふたりともお疲れさま。満足げな笑顔で、私も大満足!

コース内容:実技は内視鏡下縫合実技練習がメインです。どんな状況でも内視鏡下縫合がスムーズに行えるよう内視鏡下縫合の基本技術を徹底練習します。あなたの縫合技術のどこを修正すればよいのか、「あ、なんだ!なるほど」と目から鱗のアドバイスを差し上げます。このほかレクチャー、デモンストレーション、手術ビデオ供覧、ディスカッションを行います。このコースは日本内視鏡外科学会公認ですのでクレジット1ポイントが付与されます。

参加者の右脳には1日中嵐が吹きまくり、新たな境地に足を踏み入れることになるでしょう。

コース日程やお問い合わせ、お申込みはこちらから

上達するにつれて、力はいらなくなる

 

   

©2002 all rights reserved by ELK - endosurgery laboratory kanehira -