Temptatio vos non adprehendat nisi humana.
Fidelis autem Deus est, qui non patietur vos temptari super id quod potestis,
 sed faciet cum temptatione etiam pro- ventum, ut possitis sustinere
 

 AMESA DoJo Report 04 Feb 2017

 

内視鏡外科道場"アミーサ"で第69 回トレーニングセミナー開催 <参加者の声を 聞く>

もう2月。凛とした冷たい空気の中、道場の門を叩いたサムライ3名と道場での6時間。冬もまたよし。今日は3名とも5年目6年目の歳の近い若手。田中先生は上部に興味がある。血管根部処理も多いし、再建では縫合の出番がたくさん。やや平行移動が多い傾向の縫合だったが、午前中のうちに矯正。すごい。いっぺんにエラー激減。後半はシュアな手の動きで連続縫合もすいすい。加藤先生は将来オールラウンダーになりたいと武者修行中。しょっぱなからダイナミックでスピーディーな縫合だ。しかし伸びしろはいくらでもある。1000針振ってもエラーを出さない、骨太技術となるためのヒントを伝授。次々とものにしていった。連続縫合のタイムロスを一気にゼロにする4拍子。覚えてますか。前田先生も故郷を離れて修行中の若手。将来はコロンをやりたいと。コロンはどんどん増えていまからね。コロンやる人は狭い骨盤底で、NMAの状況になった時、しかもオフアクシスでreinforced sutureができるようになっていなきゃですよ。しっかり覚えましたね。サムズアップも、開いた鉗子の閉じ方と回転させながらの抜き方でしたね。3人ともがんばりました。すくすくと成長してください。buon fortuna!

コース内容:実技は内視鏡下縫合実技練習がメインです。どんな状況でも内視鏡下縫合がスムーズに行えるよう内視鏡下縫合の基本技術を徹底練習します。あなたの縫合技術のどこを修正すればよいのか、「あ、なんだ!なるほど」と目から鱗のアドバイスを差し上げます。このほかレクチャー、デモンストレーション、手術ビデオ供覧、ディスカッションを行います。このコースは日本内視鏡外科学会公認ですのでクレジット1ポイントが付与されます。

参加者の右脳には1日中嵐が吹きまくり、新たな境地に足を踏み入れることになるでしょう。

コース日程やお問い合わせ、お申込みはこちらから

上達するにつれて、力はいらなくなる

 

   

©2002 all rights reserved by ELK - endosurgery laboratory kanehira -