Temptatio vos non adprehendat nisi humana.
Fidelis autem Deus est, qui non patietur vos temptari super id quod potestis,
 sed faciet cum temptatione etiam pro- ventum, ut possitis sustinere
 

 AMESA DoJo Report 08 July 2017

 

内視鏡外科道場"アミーサ"で第72回トレーニングセミナー開催 <参加者の声を 聞く>

梅雨の不快指数を払しょくするには、やっぱり道場か()。今日も若き侍3人が門をたたいた。砂田先生は若手泌尿器科医。標準術式はすべて安定して結果を出せるようになりたいと参加。泌尿器科王道を行く流れにあっても、なお他科からも学びたいと成長欲旺盛。当初ダイナミック過ぎる動きだったが、チェックポイントを抑えた後は、緻密で繊細な動きに。もともとスピーディだったが、それに滑らかさが加わった。アンダーラップの際の強力なプロネーション、忘れないでくださいね。桜井先生は、小児外科に入って3年目。小児外科の世界でもさまざまな手術でラパロが標準となる時代になるだろうと、基礎固めに参加。縫合や運針のセオリーから学んでもらったが、スポンジが水を吸収するように成長著しい。Far to nearmove the groundの知識、きっと役に立ちますよ。佐々木先生は、コロンを中心に臨床経験を積む若手。コロンでは臨床で縫合はさほど遭遇しないが、縫合によって得られるコーディネーション力や道場の哲学を知りたいと参加。narrow manipulationの対処法など、積極的に取り組んでもらった、thumbs upでピンチを切り抜けてください!

コース内容:実技は内視鏡下縫合実技練習がメインです。どんな状況でも内視鏡下縫合がスムーズに行えるよう内視鏡下縫合の基本技術を徹底練習します。あなたの縫合技術のどこを修正すればよいのか、「あ、なんだ!なるほど」と目から鱗のアドバイスを差し上げます。このほかレクチャー、デモンストレーション、手術ビデオ供覧、ディスカッションを行います。このコースは日本内視鏡外科学会公認ですのでクレジット1ポイントが付与されます。

参加者の右脳には1日中嵐が吹きまくり、新たな境地に足を踏み入れることになるでしょう。

コース日程やお問い合わせ、お申込みはこちらから

上達するにつれて、力はいらなくなる

 

   

©2002 all rights reserved by ELK - endosurgery laboratory kanehira -