Temptatio vos non adprehendat nisi humana.
Fidelis autem Deus est, qui non patietur vos temptari super id quod potestis,
 sed faciet cum temptatione etiam pro- ventum, ut possitis sustinere
 

 AMESA DoJo Report 19 Aug 2017

 

内視鏡外科道場"アミーサ"で第73回トレーニングセミナー開催 <参加者の声を 聞く>

雨が続く今年の関東の夏。涼しいのはいいが、ちょっと寂しい。道場で元気出そう!第73期生たちは元気いっぱいだった。岩井先生(写真中)は中堅のコロン屋さん。安定した手術技能を身につけ、経験値を上げ、将来は大腸手術の指導ができるようになりたいと。スローダウンしてセンターキープ。スクラッチの方向を調整したところ抜群に精度を増した。二の丸線マタギも楽しんでいましたね。江原先生(写真右)も中堅で、現在は消化器をやっていると。もともと胸部外科医で、将来は両方をカバーできるようになりたいと。手首の柔らかい動きが特長。運針時の左手協調操作がうまくなり、円滑さに拍車がかかった。狭小マニピュレーションアングルでの縫合も喜んでやっていました。河北先生(写真左)は5年目の若手。将来は小児外科を専攻したいと。far-to-nearの要素が加わると、ノッティングがスムーズになった。連続縫合の4拍子が心地よかった。ブラインドを嫌うポリシーが伝わりました。dexterityはぴか一ですね。あっというまの6時間。お疲れ様。腕をもみほぐしておいてください。(下の写真に道場卒業生の乱入が!)

コース内容:実技は内視鏡下縫合実技練習がメインです。どんな状況でも内視鏡下縫合がスムーズに行えるよう内視鏡下縫合の基本技術を徹底練習します。あなたの縫合技術のどこを修正すればよいのか、「あ、なんだ!なるほど」と目から鱗のアドバイスを差し上げます。このほかレクチャー、デモンストレーション、手術ビデオ供覧、ディスカッションを行います。このコースは日本内視鏡外科学会公認ですのでクレジット1ポイントが付与されます。

参加者の右脳には1日中嵐が吹きまくり、新たな境地に足を踏み入れることになるでしょう。

コース日程やお問い合わせ、お申込みはこちらから

上達するにつれて、力はいらなくなる

 

   

©2002 all rights reserved by ELK - endosurgery laboratory kanehira -