Temptatio vos non adprehendat nisi humana.
Fidelis autem Deus est, qui non patietur vos temptari super id quod potestis,
 sed faciet cum temptatione etiam pro- ventum, ut possitis sustinere
 

 AMESA DoJo Report 09 Sep 2017

 

内視鏡外科道場"アミーサ"で第74回トレーニングセミナー開催 <参加者の声を 聞く>

9月になってからの方が暑いな、今年は。その暑さを吹っ飛ばす元気な道場生を紹介しよう。玉城先生(写真左)は外科医9年目。小児外科のマイスターを目指す。Nissenなど縫合を要する手術も高いレベルで実施したいと道場へ。持ち前の反射神経を反映させたノッティングをさらに進化させた。大きなアジマス角での動きは人一倍円滑だ。マイスターへの道は順風ですよ!上江洌先生(写真中)は外科医10年目。コロンなど消化管全般をやっているが、実はマーゲンが大好きと。マーゲン再建には縫合が必須。緻密な運針も見違えるように上達。ブラインドを防ぐ左手が決め手ですね。体内再建でたくさんの患者さんのためになってください。小原先生(写真右)は3年目。初期研修を終え、内科志向から外科に転向。ダイナミックな手術が好きで、将来肝胆膵専攻を目指す。いやー若いのに上手い!しなやかなリストワークから繰り出す結び方が心地よい。一日で引き出しを一気に増やしましたね。左手を引かずに押す方向でがんばりました。今日の道場は賑やかで活気に満ちていました。私も楽しかったですよ。

コース内容:実技は内視鏡下縫合実技練習がメインです。どんな状況でも内視鏡下縫合がスムーズに行えるよう内視鏡下縫合の基本技術を徹底練習します。あなたの縫合技術のどこを修正すればよいのか、「あ、なんだ!なるほど」と目から鱗のアドバイスを差し上げます。このほかレクチャー、デモンストレーション、手術ビデオ供覧、ディスカッションを行います。このコースは日本内視鏡外科学会公認ですのでクレジット1ポイントが付与されます。

参加者の右脳には1日中嵐が吹きまくり、新たな境地に足を踏み入れることになるでしょう。

コース日程やお問い合わせ、お申込みはこちらから

上達するにつれて、力はいらなくなる

 

   

©2002 all rights reserved by ELK - endosurgery laboratory kanehira -