Temptatio vos non adprehendat nisi humana.
Fidelis autem Deus est, qui non patietur vos temptari super id quod potestis,
 sed faciet cum temptatione etiam pro- ventum, ut possitis sustinere
 

 AMESA DoJo Report 30 June 2018

 

内視鏡外科道場"アミーサ"で第80回トレーニングセミナー開催 <参加者の声を 聞く>

梅雨明けの酷暑を払いのけ、今日もやってきた3人のサムライ。新田先生(左)はオホーツクエリアの基幹病院で主に大腸を中心にオペを行っている。ラパロのエキスパートが少ない地域で使命感を担い、技術向上に勤しむ。京極先生(中)は新田先生と同じくオホーツクエリア基幹病院で上部消化管を担当。ふたりで地域の消化器ラパロを支えたいと意欲を語った。谷田先生(右)は現在大阪のハイボリュームセンターで下部消化管を専門にオペをやっている。どんな状況でも自信をもって手術に臨み、患者さんから信頼される技術を身につけたいと道場の門を叩いた。みなさん、すでに縫合の基本概念はしっかり理解していたが、独自の癖も見受けられたので、最初のクリーンできちんと修正。なるべく引かないように。プッシュプッシュで。アンダーのときは、内転を十分駆使してください。その後応用編のタスクを次々にクリアしていった。いい感じでコツを会得しましたね。このまま前進あるのみ!お疲れさまでした。

 

コース内容:実技は内視鏡下縫合実技練習がメインです。どんな状況でも内視鏡下縫合がスムーズに行えるよう内視鏡下縫合の基本技術を徹底練習します。あなたの縫合技術のどこを修正すればよいのか、「あ、なんだ!なるほど」と目から鱗のアドバイスを差し上げます。このほかレクチャー、デモンストレーション、手術ビデオ供覧、ディスカッションを行います。このコースは日本内視鏡外科学会公認ですのでクレジット1ポイントが付与されます。

参加者の右脳には1日中嵐が吹きまくり、新たな境地に足を踏み入れることになるでしょう。

コース日程やお問い合わせ、お申込みはこちらから

上達するにつれて、力はいらなくなる

 

   

©2002 all rights reserved by ELK - endosurgery laboratory kanehira -