Temptatio vos non adprehendat nisi humana.
Fidelis autem Deus est, qui non patietur vos temptari super id quod potestis,
 sed faciet cum temptatione etiam pro- ventum, ut possitis sustinere
 

 AMESA DoJo Report 06 Oct 2018

 

内視鏡外科道場"アミーサ"で第84回トレーニングセミナー開催 <参加者の声を 聞く>

台風一過、今日は学年がだいたい同じ中堅どころが3人集まってくれた。木村先生(写真右)は現在肝胆膵を学んでいるが将来は消化器ジェネラリスト志望。そして技術教育の場でも活動を展開したいと、「教え方」も学びに来た。ゆったりしたリズムで正確な動きがいいですね。脱力もうまいし、練習を重ねるにつれ滑らかさが倍増しました。プッシュが定着しましたね。柴本先生(写真左)は、現在大腸や食道で修練を重ねるが、将来は胃のエキスパートを目指す。ラパ胃は縫合が多く出てくるので、道場でみっちり鍛えてくださいと参加。手首のしなやかさは抜群にいい。スピネーションの細かなノウハウを迅速に吸収し、エラーが激減しました。4拍子もいいですね。福井先生(写真中)は現在学位の仕事が忙しく、少し臨床が寂しい時期だが、将来的には大腸も胃も肝胆膵もなんでも切れる外科医になりたいと。最初はスピード重視の動きだったが、徐々に滑らかさとリズムが良くなってきた。サムズアップもマスターしましたね。今日もみんな熱心にがんばってくれました。すばらしい外科医になることでしょう。お疲れ様!
 

コース内容:実技は内視鏡下縫合実技練習がメインです。どんな状況でも内視鏡下縫合がスムーズに行えるよう内視鏡下縫合の基本技術を徹底練習します。あなたの縫合技術のどこを修正すればよいのか、「あ、なんだ!なるほど」と目から鱗のアドバイスを差し上げます。このほかレクチャー、デモンストレーション、手術ビデオ供覧、ディスカッションを行います。このコースは日本内視鏡外科学会公認ですのでクレジット1ポイントが付与されます。

参加者の右脳には1日中嵐が吹きまくり、新たな境地に足を踏み入れることになるでしょう。

コース日程やお問い合わせ、お申込みはこちらから

上達するにつれて、力はいらなくなる

 

   

©2002 all rights reserved by ELK - endosurgery laboratory kanehira -