Temptatio vos non adprehendat nisi humana.
Fidelis autem Deus est, qui non patietur vos temptari super id quod potestis,
 sed faciet cum temptatione etiam pro- ventum, ut possitis sustinere
 

 AMESA DoJo Report  9 Sep 2019

 

内視鏡外科道場"アミーサ"で第90回トレーニングセミナー開催 <参加者の声を 聞く>

9月になったというのにまた暑さがぶり返した。そんな中、今日の道場はふたりの若いlady surgeonsによりさわやかな空気に包まれた。實金先生(写真左)は、消化管手術が好きとのことだが、肝胆膵も面白くなってきたと、視野を広げている最中だ。先輩からの勧めで道場に。問答の中で、患者さんを思う気持ちが人一倍強く、真摯な態度がにじみ出ていた。縫合技術の方もエラーが減るコツを次々と習得し、狭いマニピュレーション角などの難易度の高いテクニックに嬉々としてチャレンジしていた。すばらしい外科医になってくれると思います。呉山先生(写真右)も研修中の若手だが、大腸の手術に魅力を感じているとのこと。身近に尊敬する大腸外科医がいるとのことで、幸運で充実した臨床経験を積んでいる最中だ。将来はJSES技術認定医を取得したいと高い志も語ってくれた。縫合では、非常にフレキシブルなリストを武器に回転系の動きを使った技術を展開できるのがユニークだ。直角スクラッチや、プッシュを多用するノッティングを覚え、一気に開始時のレベルを超越した。大きなアジマスアングルでのノッティングも戸惑っていたのはほんの数分。新しい脳回路をすぐに構築でき、その後はすいすいできていた。素晴らしい能力だ。おふたりともすくすく育ってくださいね。未来は明るい!

コース内容:実技は内視鏡下縫合実技練習がメインです。どんな状況でも内視鏡下縫合がスムーズに行えるよう内視鏡下縫合の基本技術を徹底練習します。あなたの縫合技術のどこを修正すればよいのか、「あ、なんだ!なるほど」と目から鱗のアドバイスを差し上げます。このほかレクチャー、デモンストレーション、手術ビデオ供覧、ディスカッションを行います。このコースは日本内視鏡外科学会公認ですのでクレジット1ポイントが付与されます。

参加者の右脳には1日中嵐が吹きまくり、新たな境地に足を踏み入れることになるでしょう。

コース日程やお問い合わせ、お申込みはこちらから

上達するにつれて、力はいらなくなる

 

   

©2002 all rights reserved by ELK - endosurgery laboratory kanehira -