Temptatio vos non adprehendat nisi humana.
Fidelis autem Deus est, qui non patietur vos temptari super id quod potestis,
 sed faciet cum temptatione etiam pro- ventum, ut possitis sustinere
 

  胃粘膜下腫瘍について勉強しましょう 第1回 2008年12月25日

 連載 1  2  3  4  5  6  7 8 9 10  

第11回以降は実際の手術症例が見られます こちらからどうぞ

 

胃粘膜下腫瘍(特に胃GIST) 

と診断された患者様へ

 ELK所長室にはメールにて胃粘膜下腫瘍と診断された患者様からのお問い合わせが多数寄せられます。手術の必要があるかどうか。腹腔鏡での手術が可能かどうか。入院期間はどのくらいか。などの質問です。胃粘膜下腫瘍、特にGISTと呼ばれる腫瘍についてELKにもう少し詳しい説明を載せてほしいというご希望も多くいただきました。そこでこの連載ではQAの形で胃粘膜下腫瘍について患者様にもわかりやすい表現で説明したいと思います。ここでは特に腹腔鏡手術による治療に関して詳しく説明します。手術以外の治療法ではイマニチブ(商品名グリベック)と呼ばれる抗腫瘍薬による薬物療法がおこなわれます。薬物療法に関する説明はここでは省きますのでほかのサイトをご覧ください。

 

 

 

【胃粘膜下腫瘍の診断】

 Q1:胃粘膜下腫瘍とはどんな病気ですか?

A胃粘膜下腫瘍(いねんまくかしゅよう)という診断には何種類かの腫瘍が含まれています。主なものとして、@GIST(消化管間質腫瘍:しょうかかんかんしつしゅよう、A平滑筋腫(へいかつきんしゅ)、B異所性膵(いしょせいすい)C神経鞘腫(しんけいしょうしゅ)などがあります。

胃がんやポリープは粘膜の表面に出ていますからはっきりその姿を見ることができます。しかし胃粘膜下腫瘍は、胃カメラではその姿を直接見ることができません。なぜなら、粘膜下腫瘍は正常な胃の粘膜に覆われているからです。文字通り胃粘膜の下に隠れて育っているのです。胃カメラでは正常な粘膜がこんもりと盛り上がって見えます。ですから、胃カメラで表面の細胞を調べてもどんな腫瘍なのか診断がつかないのです。

Q2:私の胃粘膜下腫瘍は上のどの腫瘍である確率が高いですか?

Aなかなか難しい質問です。私のところに紹介されてくる患者様は圧倒的にGIST(消化管間質腫瘍:しょうかかんかんしつしゅようが多いです。20081年間でちょうど20人の胃粘膜下腫瘍の患者様の手術をさせていただきましたが、17人がGISTでした。次に多かったのは平滑筋腫で2人です。異所性膵と診断された方も1人いらっしゃいました。神経鞘腫は大変珍しい腫瘍ですが、私はかつておひとり手術した経験があります。ですから、胃に粘膜下腫瘍を発見された場合、かなり高い確率でGISTであると考えても間違いではないと思います。

胃カメラの写真で確実に見分ける方法はないのですが、私の経験上、胃の上のほうに見つかった粘膜下腫瘍はほとんどGISTです。これに対し、胃の真ん中から下のほうに見つかった粘膜下腫瘍で、あまりしゃきっとした形をなしていないものでは、異所性膵(いしょせいすい)の可能性も十分あります。異所性膵とは、膵臓(すいぞう)の組織が胃の壁の中に迷い込んでできた腫瘍です。

 

 

写真は最も多いGISTに対する腹腔鏡下手術。ELKではこれから胃粘膜下腫瘍についての説明を連載していきます。

 
 連載 1  2  3  4  5  6  7 8 9 10  

第11回以降は実際の手術症例が見られます こちらからどうぞ

 
 

私は胃内手術を始め、腹腔鏡での胃粘膜下腫瘍手術を1993(金沢大学病院勤務時代)から開始しました。2012年からメディカルトピア草加病院でこの手術を行っています。 年間の粘膜下腫瘍手術件数は60件を超えます。全国から胃の温存希望が強い患者様が手術を受けに来てくださいます。中国からも手術を受けにいらっしゃいました。

 

メディカルトピアから遠い地域の患者さんのために

スカイプ(インターネットを使ったテレビ電話)を使って、ELK所長金平とマンツーマンで顔を見ながら直接相談ができます。病状の詳細や、手術方法をわかりやすく解説しています。大変好評です。詳しくは右のバナーをクリックしてください。これまでにスカイde ELKセミナーに参加された方々の口コミもあります。口コミを見る

 

 

     

©2002 all rights reserved by ELK - endosurgery laboratory kanehira -