金平内視鏡外科研究所 (ELK) へようこそ                                 
ELK(エルク)は小さなきずで手術する内視鏡外科医のネットワーク・ラボです

 
クリニカル・アドバイザー Clinical Adviser

                            松田 年 Minoru Matsuda

(名前はちゃんと呼ばれたことがありません。とし・ねん・などと呼ばれています。)

1985年3月    旭川医科大学卒業,   4月     旭川医科大学第2外科入局

その後、札幌厚生病院麻酔科、市立札幌病院救急医療部、国立札幌病院外科などで研修。

1990年4月より、日鋼記念病院外科で勤務。その際に内視鏡下手術に出会う。米国アトランタでのLaser

Cholecystectomy のワークショップに参加し、技術を習得する。

1994年4月    北見小林病院外科部長

1999年4月    旭川医科大学第2外科 文部教官助手。

2005年4月  日本大学医学部消化器外科講師。

                          1995年に学位を取得 論文題名:網内系賦活によるラット90%肝部分切除後の肝再生増強効果

専門研究領域 消化器外科, 内視鏡外科

ELK所長の金平先生(永ちゃんと呼ばせていただいています)とは、学会で知り合ったのが最初だったと思います。低侵襲手術を目差す仲間として、その後いろいろな学会で議論を交わしてきました。永ちゃんは、我々同年代の内視鏡外科医にとって、どうしても追いつけないスーパースターのような方です。ELKがより良い医療を提供できるシステムになるよう、陰ながら応援しております。

       所属学会

              日本外科学会(認定医)              日本消化器外科学会(専門医)

              日本消化器病学会(認定医)        日本内視鏡外科学会(評議員)

              日本消化器内視鏡学会              日本消化器内視鏡学会北海道支部会(幹事)

              日本肝臓学会(認定医)              日本胆道学会

              日本臨床外科学会                     北海道内視鏡外科研究会(世話人)

              アメリカ消化器内視鏡外科学会(SAGES) active member

              アジア内視鏡外科学会(ELSA) active member              その他

 ほかのアドバイザーを見る