[もどる]


フローター それは、最終兵器!

それは音もたてず、怪しまれずに、獲物に接近できる。

少々の体力の消費と場合によっては寒さとの戦いもしなければなりませんが、
一度この楽しさを味わったら、この楽しさの
「虜」になること請け合いです。
間もなく、始めるには最適のシーズンがやってきます。いかがですか?あなたも一緒に!


Floterフローターの素晴らしさを
         皆さんも味わって!!






これは、実際にフロートチューブを、使用してみて、私自身本当に感じたことです。
本当に楽しい!!でも、ちょっぴり疲れもします。

無茶はせずにルール(ライフジャケット着用禁止場所への立ち入り厳禁等)を守って楽しく遊ぼう!


フローターの種類大きく分けるとすれば、3種類に区分で

必要な備品必需品を記載しています。

フローター向きのロッド使い易いロッドの解説です。

フローターの基本最低限守って欲しい事です。


フローターの種類

  1. H型
  2. U型
  3. O型

Back to Top


最低必要な備品

  1. フローター …無ければ始まりませんねぇ〜(爆)

  2. ライフジャケット …必ずつけてねぇ〜♪
  3. フィン …小さめの方が扱い易いです。
  4. ウエーダー
  5. ポンプ…色々なタイプがありますが、車での釣行ならエアーコンプレッサーが便利です。

Back to Top


フローター向きのロッド

長さは 5.0〜5.6Ft くらいのロッドでショートグリップのものが使い易い。

なぜ、短い物でも良いのか?操作性に優れ、そして、接近戦に適すから!!
                 ---> これがフローターの最大の特徴
を活かす

そして、ショートグリップは、フローター上での操作性を考えてです。
なぜなら、ダブルハンドグリップだと合わせのときに
グリップエンドがフローターに当り使い難いし、
グリップを上げて操作すれば、肩・肘への負担が増える。

そして、フローターでの釣りの際は、オールマイティーなロッド1本がベター!
         大事なタックルを沈めたり、しないように身軽が一番です。

Back to Top


フローターでの基本

基本と言うよりも、注意事項とでも言った方が良い内容です。(お節介かも…笑)
しかし、一人の起こしたトラブルが他のみんなにも影響を及ぼすことを覚えていてください。

Back to Top