[もどる]

Let's Bassing

== Rubberjig ==

ちなみに、私の場合はこれが最期の砦ってヤツでして、困った時にはいっつもこれ使ってます。
マイブームってところでしょうか?応用範囲が広くって釣れるルアーだと確信してます。

最近はいろんな形のヘッドや重さが使われてますが、
管理人の拘りとしては、Footballヘッドの1/4ozか3/8ozで、ノーガードを使ってます。
ラバーはBlackがメインで極まれに他のカラーも使いますが、殆どBlackです。


タイトル  但書き
   タイトルシール        但し書き(裏面で使用)

erojig
Original Rubberjig “EROJIG”
上段 左から1/4oz(Black)       3/8oz(Black)        
下段 左3/8oz(Black&White)  1/4oz(White)<クラックHead>

 EROJIG・・・SHINJIのオリジナルラバージグです。
          “HAGIO DREAMER”のrimaruonさんがパッケージ用のシールまで作成してくれました。
          あまりの釣果に作者のやっかみの入ったイラスト(何故かパンツ被ってまぁ〜す…爆)になってます。

“Team Erojig” …Fieldtester 募集!?(笑)
EROJIG使ってみたい方、連絡ください。多少時間がかかるかもしれませんが…


◎ Rubber Jigの特徴
  手返し良くスピーディーにリアクション的にも、スローに食性に訴えるようにも、どちらにも使える。
  シャローからミドル・ディープなど、あらゆるレンジでの釣りが可能。

◎ ヘッドの種類

◎ トレーラーについて

  1. ポーク(ポークリンド)
    豚の皮を材料として作られたもので、ザリガニの動きを演出しやすい。
    乾燥しやすく、乾燥すると固まり使えなくなる
  2. ワーム
    ツインテールグラブ・シングルテールグラブ・パドルテールグラブ・シュリンプ・バグなど・・・
    個人的には、グラブを主に使ってます。

それでは、下手糞おやぢBasser「SHINJI」のラバージグの使用の方法について
ご紹介してみたいと思います。
もっと、たくさんのウェートや種類を使いこなせたら良いのですが、まだ修行不足ですんで…

  1. フォーリング
    岸際のある程度水深のあるところ&シェードの奥を狙うときに多用してます。
    着水後、わりとすぐにバイトすることがあります。(高活性時)
    また、着底後のバイトも結構多いです。
  2. スイミング
    着水後カウントダウンからカーブフォールさせて、スイミングってパターンが多いかな?
    ラインの変化に要注意です。
  3. ボトムパンピング
    Deep狙いが中心です。着底までバイトがなかったら、かるぅ〜く浮かせて落とすの繰り返し、
    この時も着底後すぐのバイトが多いですが、ラインの動きにも注意です。
  4. ズル引き
    ほとんどしてませんが、障害物を感じたらそこで、シェイクしてみて、かるくロッドをあおり、
    根がかり回避と同時にバイトを誘います。

おやぢバサーの管理人「SHINJI」の最も信頼するルアーについて、
管理人なりの使い方、意見などを書いてみました。
これらに対するご意見もお待ちしております。


[TOP]