プロフィール オーダータイル pocoApocoスペインタイル陶芸工房

スペインタイルとは。(マジョリカ焼きって何?)陶芸家でもなじみの薄いマジョリカ焼きについて、スペイン陶芸を通して、説明致します。

 
日本でタイルは、明治に入ってから、イギリス産業革命後のタイルが入ってきました。その後、富国強兵の一貫で、昭和の初期に、西洋のタイルを抜け!と生産が始まり、あっという間に、品質ともに、世界一の座についたのが、現在の日本のタイルです。1960年代の「団地」ブームにより、一般に広がりました。さて、もっと昔、、15〜18世紀のタイルはどんなだったかと、、それは、絵画であり、陶芸であり、建築美術でした。スペインの陶芸を語るには、タイルはかかせません。日本の陶芸でお茶碗がでてくるように、地中海の国では、陶芸といえばタイル!この作品は、マジョリカ焼きという名で世界中に親しまれる中世の手書きタイルです。スペインで作られたタイルがマヨルカ島を通ってイタリアに輸出されていた当時、イタリアに到着したタイルの箱にはマヨルカの税関印が。それをイタリア語で読むとマジョリカ焼き、、産地名ではないのに、、なって、さらに、イタリアンルネサンス全盛のかの地ではフレスコ画の画家がたくさんいた。その画家達が陶器に絵付けをし、今日のマジョリカ焼きです。      
スペインタイル施工もとは、スペイン発祥。カタルーニャ(バルセロナ地方)には、ラジョラスと呼ばれる素朴なタイルがたくさん。博物館に飾られており、上の「和歌山」の写真のようになっています。

実際の施工例はこちらから→

 

 


私のタイル300数枚で装飾され、毎月増え続けている、和歌山マリーナシティ、ロイヤルパインズホテルの結婚式場(まるで中世のお城そのもの)です。


看板タイル手作り

オーナーズマンションに地中海のタイル!
2003,3オープン
NoviaBlanca 静岡駅前
作品制作 2002年11月

制作のポイントは、遠くから見て美しい絵の描きかた。バルセロナの世界遺産、サンパウ病院のタイルのタッチに仕上げました。(アントニオガウディの時代の建築家ドメニクモンタヘール)  
スペインタイル施工

地中海レストラン「コーナコピア」4.5メートルの壁面に、大判タイルとお皿でトータルに外装をデザイン、制作致しました。

 

さて、教室ではどんな作品が生まれるかしら。 実際の施工例はこちらから→
ぷくぷくっとしたクエルダセカ もっと歴史が古くイラン発祥、スペインで命名されました。
アルハンブラ宮殿建立時にアラブからスペイン(アンダルシア地方)に伝わりました。イラン発祥。スペイン語でクエルダセカ(いっちんもり)やソブレクビエルタ釉上顔彩色・マイヨリカ)と名称。18世紀地中海やヨーロッパのタイル、陶芸技法です。アラビアンナイトに出てきそうな王宮タイルです。
この技法を現代的に変えて楽しいタイルを作ります。
古典が新しい〜〜中世地中海の焼き物の世界へチャレンジしましょう〜。
さて、日本では、どんな作品ができるているでしょうか!


PocoApocoなら初心者でもこんなに素敵な古典スペインタイルが作れました。ほかにもさまざまな技法があります。

Gallery
Infomation

◆古典タイル陶芸技法インフォメーション

Home page

スペインタイル
クエルダセカ

トルコタイル
トプカプ

トルコタイル

イタリアタイル
マジョリカ

ソカラットタイル
ソカラット

リャードロ人形
磁器人形

リャドロ色

スイス陶芸家
スイス陶芸

スペインタイル


ネームプレート
イギリスで施工

パリ陶芸Parisの陶芸
から日本へ


▲バルセロナ

▲各写真をクリックしてください。解説のページへ移動します。
▼講師認定コーナーからも、新作「ディプロマ作品集」が、ご覧になれます。

プリメラクラス(初心コース)の作品に相当します。
こちらの作品は1999年〜2002年、3年間の受講生の作品の一部です。

イタリアタイル・イタリア陶芸/トルコタイル・トルコ陶芸(イスラムタイル・イズニーク、イズニク窯文様タイル)ヨーロッパタイル・ヨーロッパ陶芸


アンティークタイルから現代アートな作品まで。 おかげさまで、クエルダセカと、マジョリカ焼き体験者数、関西で1000人を越えました。(2003年において)1999年初めてのスペインタイル2週間の集中ワークショップと受講生の作品展に続き、2001年11月には、梅田商工中金さんのご好意により、第一回サンケイリビング教室作品展も、開催させていただけました。 第三回受講生展覧会は、2004年9月、伊丹市工芸センター、第四回受講生展覧会は、2009年日航ホテル茨木大阪発表させていただきました。次はどこで!?

BackHome