(御意見・御感想を聞かせてください。→ BBS or E-mail)

◆ 1/8 scale ◆

【藤沢 やよい A.D.2354 バージョン
ウェ−ブ ビージェイ オリジナル / Be-J BRAND-012

『宇宙のステルヴィア』より。  (C)XEBEC・FOUNDATION II ・TX  

                         
このページはビージェイから発売される『藤沢 やよい』について、
造った本人の趣味とこだわりによるマニアックな視点でもって
制作記事を交えつつアイテム紹介するページです。

 ◆その1◆ まずはアイテム紹介… 

●イロイロありまして、未だにほとんど情報が出ていないこのアイテムですが、Be-JのWeb通販予約とか始まってたりするので、まずは全身画像を公開です(←)。

●完成原型の画像もあるのですが、とりあえず一番雰囲気の判る画像と言う事で、五月連休明けの時点で撮ったものを掲載しました。

●ちょうど全パーツの形出しが終わって表面処理に入る直前の画像ですね。見ての通り全身ポリパテ製で、胴体と手足の芯にだけ軽量パテ使ってます。エポが表面に出ちゃうと色々面倒なコトになるので、髪やスカートは100%ポリパテ(瞬接混合)で制作してます。

●このあと原型を仕上げるにあたり、スカートの皺や髪の毛のラインなどあちこち手を加えましたが、全体のシルエットは変わっていません。

●商品名の示す通り、このアイテムのモチーフはステルヴィア本編より2年前のお嬢です。7話と11話と12話の回想シーンに出てたと思うのですが…ひょっとしてこの制服姿は11話だけかも(笑)。

●あまつさえマイナーなアイテム選択の上に、メガネっ娘のメガネを外しているという…よく造らせて貰えたよなぁ(しみじみ)…それ以前に紆余曲折あったのデスが(笑)。

●商品ではメガネと右手首は2種類ついてて、掛けた状態と手にもった状態で選択できるようになってます。その辺の詳細は次回にでも。

●このアイテムは7月発売予定で現在予約受付中だッたりします。商品仕様とかは通販ページに載ってますのでそちらを参照して下さいマセ。

 

●…ということで、どうぞ宜しくお願い致します(笑)。

(2004.06.11)

 Be-Jの通販予約ページはコチラ →  

 ◆ その2 ◆ メガネの気持ち 

●お嬢はめがねっ娘です。2年前は上ハーフフレーム、本編中はフレーム無し、2年後(エピローグ)では下ハーフフレームでそれぞれデザインが違うんですよね。よく見るとツルの色も赤だったり黄色だったりと意外と派手なのが好きみたい…?(笑)

●それはともかく、今回はメガネの専用エッチングパーツのコトです。

●せっかくメーカーブランドでやるのだから、個人ではなかなか出来ない事を…ってことで、いろいろわがまま言わせてもらいました。僕は現物合わせで元データつくっただけ(笑)。

●で、出来たのがこちら(←)。上は試作品で、GWのイベントではこちらを展示してありましたが、その後製作上問題になりそうな部分(例えば接続ランナーを蔓の端っこのみに配置、等)を改善して、版下から作り直したものが下です。製品版にはこちらが付属します。

●パッと見た目にはわかりませんが、蔓の細い部分が一段薄くなってたりと、ちょっと凝った造りになってます。

 

●プレートまんなか左のパーツはレンズ切り出し用のテンプレートです。透明シート(コレもキットに付属します)にテープで固定してガイドにしますが、通常のテンプレートとは逆に、外周に沿って切り出します。若干コツは要りますが、これなら刃がズレて切り為損じてもレンズに使う部分は大丈夫!なワケです。

●それと、このテンプレートではレンズを余白から完全に切り離すことが出来ませんが、逆に余白に繋がっているままの方がエッチングパーツとの位置合わせが簡単なのです。この状態(↑)でレンズをフレームに接着した後、フレーム上部に沿って切り離せばOK!

●で、あとは蔓の部分を折り曲げれば出来上がり!(←)

●仕上がりが薄くてシャープなので、掛けた状態を作っても結構イイ感じ(画像は次の機会に)。レンズの透明度が高過ぎてデジカメ画像では殆ど見えないのが難点ですが(笑)。

(2004.06.16)

 ◆ その3 ◆ すてるhぃあのなぞ?

●ステルヴィアの制服デザインって、何げに気になる箇所が幾つかあったり。そのなかの一つが、袖口に付いてるアレ…。

●数カ月前。都内某所焼肉屋にて、XEBECのTさんとの会話…

 僕 『制服の手の甲についてる円形のコレって何ですかネ?』
 Tさん『さぁ?』

…ステルヴィアのえらいひとも知らないそうです(笑)。

●一見ガラスみたいな光沢あるのに、手首の曲げに応じて歪んでたりしてるし。ほんとに謎の物体デス(笑)が、僕の中では『レンズ』と解釈して造ってみました。

●円とか球のパーツってのは、旋盤がつかえるならともかく手で削り出そうとすると結構大変です。円ならスジ彫りで…ってのもありますが、曲面だし何かメチャ彫り難い位置なのでパス(苦笑)。

●そこでレンズ状の流用パーツ探してきて、それをはめ込む形で原型作ってた(←)のですが、よく考えたらここにはめ込もうとしてたのは『Hアイズ』だったンで、ならまんま別パーツにした方が色々好都合だろうということになりました(笑)。

●そんな訳でキットにはキャスト版のレンズパーツが付いてますが、当然Hアイズがそのまま使えるって寸法なのです。同じWAVEの商品だから無問題。

●透明のHアイズ(4φ)にクリアーで着色、裏側にシルバーを塗って(Mr.メタルカラーを使用)取り付ければこの通り(→)。お手軽ディテールアップが可能なのデス。

 

●それから、ここで言っとかないと誰も気付かないこだわりの箇所が…靴のウラ(笑)。

●果たして作中および販促イラストで活用されたのかどうか甚だ疑問ながら、ソールの設定画がちゃんとあるんですよ。スターチャイルドコレクションのガチャにもモールドされてたから、造らない訳にもいかない(笑)。

●根本的に僕はスジ彫りが好みでは無いということで、うす〜い凹凸付けてディテーリングしてみました。それがコチラ(←)。

●基本的には以前造ったPiaキャロロゴ付きトレーと同じ方法で製作。組み上げちゃうとなかなか見えないトコロなので、キットを手にした際にはぜひ靴のウラも見てみて下さい(笑)。

(2004.06.19)

 ◆ その4 ◆おまたせしました〜。

●完成版の公開です。とりあえず今回はコレ(↓)だけですが。

●Be-J通販ページにも色々画像ありますので、宜しければ御覧になって下さいマセ。

<↓ 画像をClick!するとBe-Jの通販予約ページにジャンプします。↓>

●眼鏡掛けたver.とかの画像は次の機会に〜。

(2004.06.24)

 ◆ その5 ◆ めがねのココロ

●…という題名(↑)の小説があるんですよ〜ホントに。いや、全然関係ナイ話ですが(笑)。

 〜閑話休題〜

●ということで、めがねの話の続きです〜。

●既出ですが、お嬢のキットはめがね『掛けてる』状態と『持ってる』状態が選択式ということで、フレーム2種類と右手首2種類が入ってます。

●←上が『持ってる用』で、下が『掛けてる用』。蔓の先っぽだけ形が違います。

●『掛けてる用』の取付けはこんな感じ(→)に、蔓を耳に掛けて、丁度鼻梁に乗っかるのが正位置です。

●現物合わせの作業ですが、蔓の中程(段になってるトコロ)で軽く曲げて、顔の曲面に合うようにRをつけると位置合わせしやすいかと。

●このキットは顔が後ハメ出来るようにしてあるので、画像の完成見本では先にメガネを取付けて(耳の処で接着・固定)から組み上げてます。

●しかしこの辺はクリアランスが結構ピーキーなので、頭部を組み上げてからメガネを差し込み、前髪(もみあげのトコ)に接着剤で固定する方法もアリかなという気もします。各人で組み易い様に工夫してみて下さい。

 

●というわけで、お待たせしました。藤沢 やよいメガネっ娘ver.がコチラ(←)!

●…なんで生首状態やねん(笑)…とお思いの方は画像をClick!
Be-Jのページに画像が追加されてますヨ〜。

(2004.07.01)

 ◆ その6 ◆ 色々

●発売までもうすぐみたいですヨ。

●ということで、今回は塗装についてです。

●←このアイテムで、有る意味最も情報量の密度が高いアングルがコチラ。正面からだとイマイチ見えない(笑)のですが、お嬢は腰回り〜太股のボリュームが凄いのデス。(写真は原型です)

●それはさておき、見ての通りスカートとニーソックスの白ラインのモールドは入れてません。服の柄ですから塗装での再現が最適と考えました。

●スカート及び脚パーツに先に白を吹いた後、マスキングテープでライン部分を保護して各々の色を吹けばOKで、マスキングもそれほど難しくないと思います。

●完成見本品では0.4mmのテープを2本並列して貼ってマスキングしています。最近は細いマスキングが市販で売ってるから助かりますネ。

●直線のテープで実質円周状のラインを描く作業なので、細いテープの方が縁に平行して曲げながら貼るのに適してるのデス(ガタつきや隙間が出来難い)。一本貼ればそれをガイドに並べて貼り重ねるだけなので、それほど手間になりません。

●とはいえ、2本の間に隙間が有るといけないので、実はもう一本真中に重ねばりして実質3本貼ってるんですケドね(苦笑)。

 
◆実際に塗装したのがコチラ(↑)。マスキング作業は根気が全てっぽいです(笑)。

●参考になるかどうか分かりませんが、今回完成見本で使ったは主な色は以下の通り。

 ・服 … オレンジ/イエローFS13538/ホワイト
 ・紫ライン … パープル/シャインレッド/ホワイト
 ・ニーソックス … ミッドナイトブルー/ブラック/ホワイト
 ・襟・靴etc.の白 … ホワイト/インディブルー

 ・髪 … 土地色/レッドブラウン/ブラック
 ・メガネ … カーキ/ホワイト/イエローFS13538
 ・肌 … ベビーフレッシュ/ホワイト
 ・リボン・靴の赤 … シャインレッド/マルーン

(以上、ベビーフレッシュ以外はMr.カラー)

●ベビーフレッシュはBe-Jオリジナルマテリアルです。たまたま機会があったのでサンプルを使わせてもらいました(開発には関わってません)。発色も良い感じで、基本的に顔料系なので経時変化での褪色の心配も無さそうです。

●この肌色はサフレスで薄〜く吹き重ねる事を前提に色味が調合されてます。僕は比較的厚塗りする人なので、今回はホワイトで色味を落として吹きました。この辺は好みで人各々だと思いますが、肌色の基本として十分使える素材だと思いますヨ。

●それから、キットにはステルヴィアマークのデカールが付属しています。基本的にデカールは下地の色が透けてしまうので、必ず白地の上に貼って下さい。

●まぁ、デカールに合わせたマスクを作って塗り分けておくのがスタンダードな方法かと思いますが、肩のデカールを貼る部分は凸モールドになっているので、マスクしないで塗装した後、モールドの上面だけペーパー掛け(#800位)して塗料を落とし、キャストの白地の上に貼っても大丈夫です。

●ちなみに画像(→)のは後者の方法です…単にマスクするのを忘れた為ですが(笑)。

(2004.07.11)

Indexに戻る