今日は、新春クラシックコンサート”ドイツ2大作曲家の肖像”と題した豊島区主催のコンサートです。マリさんは、ベートーベンのピアノ協奏曲第1番ハ長調を演奏しました。(とっても貴重!)

オーケストラは新星日本交響楽団で、指揮はパスカル・ヴェロです。楽団員の平均年齢は大変若そうです。でも、このオーケストラとてもしなやかな音色で、ハツラツとした演奏を聞かせてくれました。今日の指揮者のパスカル・ヴェロとの相性も良く、将来が楽しみなオーケストラの1つだと思います。マリさんとの演奏では、このオーケストラの若さとしなやかさがプラスに働いて、非常にみずみずしい良い演奏になっていたと思います。

(反面、ブラームスの4番はちょっとスマート過ぎてブラームスらしさが物足りないように感じました。)

(By: 狐狸 門甫)