A TRIBUTE -1999-
 - SONG TITLE -
 01.DANCING QUEEN
 02.ONE OF US
 03.THE NAME OF THE GAME
 04.HASTA MANANA
 05.WATERLOO
 06.DOES YOUR MOTHER KNOW
 07.KNOWING ME, KNOWING YOU
 08.THE WINNER TAKES IT ALL
 09.LAY ALL YOUR LOVE ON ME
 10.THE VISITORS
 11.TAKE A CHANCE ON ME
 12.MONEY,MONEY,MONEY
 13.ON AND ON AND ON
 14.S.O.S.
 15.HONEY, HONEY
 16.DANCING QUEEN

 17.BRIDAL DANCING QUEEN
 

ピンクで書かれたタイトルはお勧めカバー曲です。
(このアルバムは複数のアーティストによるカバー・アルバムです)

◇アルバム解説◇

 このアルバムは、アバの生誕25周年記念として企画されたアバのカバー集ベストである。今までにアバのカバー・アルバムはたくさん出ているが、その中でも出来のよいカバー曲をセレクトして納めてある(正直な話し、ひどいものも混ざっているが)。又、ファンが一番注目するのは、フリーダの「ダンシング・クイーン」だろう。これはアカペラ風にアレンジされており、1994年にチャリティー・ソングとしてレコーディングされたものだ。その他、ピーター・セテラなどの大物もクレジットされており、ファンならば、ぜひコレクションの一枚にしたいアルバムだろう。

◇お勧めカバー・ソング◇

TRACK 14 < S.O.S. >【Peter Cetera & Ronna Reeves】

 ロック界にはたくさんのアバ・ファンがいるが、ピーター・セテラもその1人だ。彼はアグネッタのソロ・アルバムのプロデューサー志願を、半年に渡り彼女に頼み続けたという。そんなピーターが歌う「エス・オー・エス」だが、最初から大胆なピーター節が聴けて楽しい。元々アバの曲は個性が強いのだが、それを個性の強いアーティストが歌うと意外にはまってしまうのだ。

TRACK 15 < H0NEY, H0NEY >【Sofia & Michael B. Tretow】

 アバのエンジニア、マイケル・トレトウがアレンジした「ハニー、ハニー」だが、これは凄すぎる。今までのアバのヒット曲のフレーズの数々が各所にちりばめられ、まったくの違和感なしにミックスされている。たくさんのアーティストがアバをカバーしているが、ことアレンジに関してはこの曲が文句なく1位だろう。アバはこんなにもユーモア溢れたレコーディング・エンジニアに支えられていたのだ、恐るべしアバ・ファミリー!

TRACK 16 < DANCING QUEEN >【The Real Group with Frida】

 1994年にチャリティー・ソングとしてレコーディングされたフリーダとリアル・グループによる「ダンシング・クイーン」である。アグネッタとコーラスで歌う場合、どうしてもロー・パートに回るのがフリーダだったが、主旋律を歌ってもこれまたなかなかである。リアル・グループのコーラスも素晴らしく、肉声で表現されるピアノの音にはつい感動してしまう。一時期、アンプラグドなるブームが起こったが、これはまさしくアバのアンプラグド版といっていいだろう。


 HOME


TOP PAGE
注意)このサイトに掲載されたABBA(アバ)画像の権利は全てユニバーサル・インターナショナル及びポーラーに帰属します。
(All rights on ABBA's pictures in this site belongs to Universal international and Polar)