ABBAマイ・ベスト10

◎管理人が選ぶABBAとアグネッタ、フリーダのソング・オブ・ベスト10。まだアバしか聴いたことのない人は、参考にしてぜひアグネッタとフリーダのソロも聴いてみてくださいね。びっくりするほどいい曲がありますよ。

★アバ部門★

順位-SONG TITLE-
1位DANCING QUEEN
2位THAT'S ME
3位THE WINNER TAKES IT ALL
4位THANK YOU FOR THE MUSIC
5位CHIQUITITA
6位I'M STILL ALIVE
7位S.O.S.
8位TAKE A CHANCE ON ME
9位ONE OF US
10位I AM JUST A GIRL

 ■ソロ部門/アグネッタへ移動   ■ソロ部門/フリーダへ移動 

◎アバ部門

 アバというアーティストほど、ベスト・ソングの選出に困ってしまうアーティストはいないだろう。ファンによっては、おや、というようなベスト10が出来てしまう。それくらいアバの作品は個性的、名曲ぞろいで、多種多様な人間の感性を刺激してしまう。ここに書かれたのは今現在のもので、時間がたてばまた変わってしまうこともあるだろう。しかし、「ダンシング・クイーン」、「ザッツ・ミー」は僕をアバ狂にしてしまった曲でもあり、基本的に1,2位の座は一生変わらないと思う。6位の「アイム・スティル・アライブ」は、ライブでしか発表演奏されなかった曲だが、絶対に評価されるべき名曲だと思う。いつの日かアグネッタがこの曲をスタジオ・レコーディングしてくれるのを期待せずにはいられない。


 

★ソロ部門/アグネッタ★

順位-SONG TITLE-
1位DOKTORN
2位FLY LIKE THE EAGLE
3位ONE WAY LOVE
4位LET IT SHINE
5位WE MOVE US ONE
6位ONECE BURNED, TWICE SHY
7位NAR DU TAR MEJI DIN FAMN
8位WRAP YOUR ARMS AROUND ME
9位THE HEAT IS ON
10位SONNY BOY

 ■アバ部門へ移動   ■ソロ部門/フリーダへ移動 
 

◎ソロ部門/アグネッタ

 僕にとってアグネッタは、永遠の女性アイドル・シンガーであり、彼女ほどの美しいソプラノ・ヴォイスを持った女性シンガーに出会うことは、人生において2度とないだろう。そんな僕が選んだ彼女のベスト・ソング。1位はスウェーデン語のナンバーの「DOKTORN」に決定。このキュートにして男心を虜にしてしまいそうな曲は、英語でアバのナンバーにぜひ取り入れてほしかったのだが。6位の「NAR DU TAR MEJIDIN FAMN」はベスト・アルバムで話題になった「QUEENS OF HEART」のスウェーデン語原曲バージョン。こちらの方がソフト・ムードがあり素敵だ。以下は、英語のアルバム「WRAP YOUR ARMS AROUND ME」と「EYES OF WOMAN」からのものが中心になっている。


 

★ソロ部門/フリーダ★

順位-SONG TITLE-
1位FERNANDO
2位TELL ME IT'S OVER
3位SYRTAKI
4位SOM EN SPARV
5位TO TURN THE STONE
6位HERE WE'LL STAY
7位WALL STREET SHUFFLE
8位CAN'T TAKE MY EYS OF YOU
9位I KNOW THER'S SOMETHING GOING ON
10位SHINE

 ■アバ部門へ移動   ■ソロ部門/アグネッタへ移動 
 

◎ソロ部門/フリーダ

 フリーダはアグネッタに比べると、かなり多彩な音楽スタイルをこなすシンガーで、古くはフレンチ・ポップス、ジャズにはじまり、エレクトリックなテクノ音楽など、ソロ・アルバムに関してはアバの世界と一線を画すものがある。彼女がアメリカにおいて、アグネッタより受けがよかったのは、アバのスタイルから完全に自分を断ち切った為かも知れない。とはいいながら1位はやはり「FERNANDO」であった。


 HOME


TOP PAGE
注意)このサイトに掲載されたABBA(アバ)画像の権利は全てユニバーサル・インターナショナル及びポーラーに帰属します。
(All rights on ABBA's pictures in this site belongs to Universal international and Polar)