ABBA簡略年表

◎ABBAのメンバー誕生からABBA解散に至るまでの年表です。なを、緑、青の四角印の付いた段は、レコード・リリース関連の記事を扱ったものです(内のレコードはABBA前のグループ名”ビヨルン、ベニー&アグネッタ、フリーダ”名義のもの内のレコードはABBA名義のものです)。

1945 ■4月25日、ビョルン・クリスチャン・ウルバース、スウェーデンのイェテボリ(ゴッセンバーグ)で誕生。
■11月15日、アンニフリッド・リングスタッド、ノルウェーのナルビクで誕生。
1946■12月16日、ベニー・ブローラ・ゴラー・アンダーソン、スウェーデンのストックホルムで誕生。
1947■アンニフリッド・リングスタッド、スウェーデンへ移住。
1950■4月5日、アグネタ・アイス・フォルツコグ、スウェーデンのヨンコピンで誕生。
1952■ベニー、6歳でアコーディオンを弾き始める。
1955■アンニフリッド、10歳の時、初めて人前で歌う。
1956■ビョルン、11歳でギターを弾き始める。
1958■アンニフリッド、13歳でダンス・バンドの専属歌手になる。
1960■アグネタ、ピアノを弾き始め、作曲、作詞活動も開始する。
1961■ベニー、ビアノを弾き始める。
1962■ビョルン17歳の時、初めてバンドを結成。
1963■ベニー、ヘップ・スターズのキーボード奏者になる。
■ビョルンの母親がかってにタレント・コンテストに応募。ウェスト・ベイ・シンガーズと名乗りコンテストに出場。この時スウェーデンの腕利きプロデューサー、スティグ・アンダーソンの目に止まり、ポーラー・レコードからフーテナニー・シンガーズと改名してプロデビュー。デビュー曲は「I’M WATING AT THE CHARCOAL」。
■アンニフリッド、アマチュア歌手コンテストで優勝する。
1964■フーテナニー・シンガーズ、初の国内ツアー開始。
1965■アグネタ、ダンス・バンドの専属歌手になる。
1966■ツアー中、ビョルンとベニーが出会い、セッションの約束を交わす。
1967■アンニフリッド、新人歌手によるチャリティー・コンテストに出場、見事優勝を果たし、メジャー・デビューに成功する。
■アグネタ、デモ・テープがCBSレコードの重役に気に入られ、歌手契約を交わす。
1968■アグネタ自作のデビュー曲「I WAS SO IN LOVE」がスウェーデン国内で大ヒット。
■アグネタとビョルン、テレビ番組の収録中に出合い、急速に親しくなる。
1969■ベニー、ヘップスターズを脱退。
■ビョルン、フーテナニー・シンガーズを脱退。
■ビョルンとベニー、デュオ・グループ、ビョルン&ベニーを結成。
1970■イェテボリ(ゴッセンバーグ)のレストランを舞台に、初めて4人でコンサートを開く。
■アグネタとビョルン結婚。
■ビョルン&ベニー、ファースト・アルバム「LYCKA」を発表。アグネタとアンニフリッドもコーラスで参加し、実質的に4人が関係した初のアルバムとなった。
1971■アグネタ、ミュージカル「ジーザス・クライスト・スーパースター」にマリア役で出演。
■アンニフリッド、ユーロビジョン・ソング・コンテストにスウェーデン代表として出場するが、惜しくも入賞を逃す。
■アグネタの曲「THIS IS THE WAY LOVE STARTS」にビョルンが参加するが、契約上のトラブルにより放送禁止になる。
1972■ビョルン&ベニー、「SHE’S MY KIND OF GIRL/INGA THEME」で日本デビュー。このシングルは50万枚以上という予想もしなかった売り上げを記録。その後「ピープル・ニード・ラブ/メリー・ゴー・ランド」を録音するが、この際アグネタとフリーダを録音に参加させることにスティグ・アンダーソンが猛反対、結果的に彼を説き伏せレコード発売に至る。この曲はスウェーデン国内で大ヒット、アバのクレジットがされていないものの、実質的にアバのデビュー・ソングとして伝えられている。
シングル「ピープル・ニード・ラブ/メリー・ゴー・ランド」発売。
シングル「ロックン・ロール・バンド/アナザー・タウン、アナザー・トレイン」発売。
■ビョルン&ベニー、日本での成功をきっかけに、日本で開かれた世界歌謡祭にアグネタ、フリーダをともない初来日。
シングル「ヒー・イズ・ユア・ブラザー/サンタ・ローザ」発売。
1973「リング・リング/メリー・ゴー・ランド」発売。
シングル「ラブ・イズント・イージー/アイ・アム・ジャスト・ア・ガール」発売。
ファースト・アルバム「RING RING」を発表(ABBAの名はまだクレジットされていない)。
■アグネタ、リンダ出産。
■スティグ・アンダーソン、4人の頭文字をとってABBAと名付ける。
■アバ、ユーロビジョン・ソング・コンテストのスウェーデン国内予選に「リング・リング」で出場するが、3位に終わる。
■アバ、初のコンサート・ツアーを行う。
1974■イギリスのブライトンで開かれた第16回ユーロビジョン・ソング・コンテストにスウェーデン代表としてアバ出場。参加曲「ウォータールー」が見事グランプリに輝く。
シングル「ウォータールー/ウイッチ・アウト」発売。全英・チャート第1位、全米・チャート第6位の世界的大ヒットとなる。
日本でのデビュー・シングル「アイ・アム・ジャスト・ア・ガール/リング・リング」発売。(日本フォノグラム)
セカンド・アルバム「WATERLOO」発売。
シングル「ハニー・ハニー/キング・コング・ソング」発売。
シングル「ソー・ロング/アイブ・ビーン・ウェイティング・フォー・ユー」発売。
■再びヨーロッパ・ツアーへ。
1975■アグネタ、扁桃腺の手術を受ける。
■アンニフリッドがソロアルバム「FRIDA ENSAM」レコーディング。
シングル「アイ・ドゥ、アイ・ドゥ/ロック・ミー」発売。オーストラリア・チャートで第1位を獲得。
シングル「S.O.S./マン・イン・ザ・ミドル」発売。「ウォータールー」以来の世界的大ヒットとなる(全英・チャート第6位、オーストラリア・チャート第1位を獲得)。
シングル「ママ・ミア/トロピカル・ラブ・ランド」発売。全英、オーストラリア・チャートで第1位を獲得。
サード・アルバム「ABBA」発売。オーストラリア・チャートで第1位を獲得。
■アバ、アメリカン・プロモーション・ツアーを行う。
1976アバ初のベスト・アルバム「ABBA GREATEST HITS」発売。イギリスで初のナンバー1アルバムとなる。
シングル「フェルナンド/ヘイ・ヘイ・ヘレン」発売。全英、オーストラリア・チャートで第1位を獲得。
■スウェーデン国王の結婚式で「ダンシング・クイーン」が初披露される。
■オーストラリアで初コンサート。
シングル「ダンシング・クイーン/ザッツ・ミー」発売。ヨーロッパ、オーストラリア・チャートで第1位を獲得。
シングル「マネー・マネー・マネー/クレイジー・ワールド」発売。オーストラリア・チャートで第1位を獲得。
アルバム「ARRIVAL」発売。全英、他のヨーロッパ、オーストラリア・チャートで第1位を獲得。
1977■オーストラリア・ツアー開始。
■「ダンシング・クイーン」がビルボードで第1位を記録。アバにとって初の全米トップ・シングルになった。
シングル「ノーイング・ミー、ノーイング・ユー/ハッピー・ハワイ」発売。全英・チャートで第1位を獲得。
シングル「ザ・ネーム・オブ・ザ・ゲーム/アイ・ワンダー」発売。全英・チャートで第1位を獲得。
シングル「テイク・ア・チャンス・オン・ミー/アイム・ア・マリオネット」発売。全英・チャート第1位、全米・チャート第3位を獲得。
シングル「イーグル/サンキュー・フォー・ザ・ミュージック」発売。
■映画「ABBA THE MOVIE」公開。

1978■イギリスのマーガレット王女からカール・アラン・グループ賞を授かる。
■アグネタ、クリスチャン出産。
アルバム「THE ALBUM」発売。全英、他のヨーロッパ・チャートで第1位を獲得。
シングル「サマー・ナイト・シティ/メドレー〜ピック・ア・ベイル・オブ・コットン、オン・トップ・オールド・スモーキー、ミッドナイト・スペシャル」発売。
■アバ、オリビア・ニュートン・ジョン・ショーに出演。
■アバ専用スタジオ、ポーラー・ミュージック・スタジオの建設にかかる。
■ベニーとアンニフリッド結婚。
■アバ、プロモーションの為来日。特別番組「アバ・スペシャル」(TBS)制作。
1979■国連会議場で開かれたチャリティー・コンサート「ミュージック・フォー・ユニセフ」にアバ出演。「チキチータ」を歌う。この模様は全米、ヨーロッパ、日本にも中継された。
シングル「チキチータ/ラブ・ライト」発売。全英・チャートで第2位を獲得。
シングル「ダズ・ユア・マザー・ノー/キッセズ・オブ・ファイヤー」発売。
シングル「ブーレ・ヴー/エンジェル・アイズ」(両A面)発売。全英・チャートで第3位を獲得。
シングル「ギミー・ギミー・ギミー/ザ・キング・ヒズ・ロスト・ヒズ・クラウン」発売。
シングル「アイ・ハヴ・ア・ドリーム/テイク・ア・チャンス・オン・ミー(ライブ)」発売。全英・チャートで第2位を獲得。
■ビヨルンとアグネタ離婚。
アルバム「VOULEZ−VOUS」発売。全英、他のヨーロッパ・チャートで第1位を獲得。
■アバ、2ヶ月間に渡る、13ヶ国ワールド・ツアー開始。
ベスト・アルバム「ABBA GREATEST HITS Vol.2」発売。全英、他のヨーロッパ・チャートで第1位を獲得。
1980■3月、アバ待望の日本公演(東京、郡山、福岡、大阪、名古屋)。
スペイン語で歌われたベスト・アルバム「GRACIAS POR LAMUSICA」発売。
シングル「ザ・ウイナー・テイクス・イット・オール/イレーヌ」発売。全英・チャート第1位、全米・チャート第8位を獲得。
シングル「スーパー・トゥルーパー/ザ・パイパー」発売。全英・チャートで第1位を獲得。
アルバム「SUPER TROUPER」発売。全英、他のヨーロッパ・チャートで第1位を獲得。
1981■ベニーとアンニフリッドが離婚。
シングル「レイ・オール・ユア・ラブ・オン・ミー/オン・アンド・オン・アンド・オン」発売。
シングル「ワン・オブ・アス/シュッド・アイ・ラーフ・オア・クライ」発売。全英・チャートで第3位を獲得。
ラスト・オリジナル・アルバム「 THE VISITORS」発売。全英、他のヨーロッパ・チャートで第1位を獲得。
1982 シングル「ヘッド・オーバー・ヒールズ/ザ・ビジターズ」発売。
シングル「ザ・デイ・ビフォー・ユー・ケイム/カサンドラ」発売。
ラスト・シングル「アンダー・アタック/ユー・オウ・ミー・ワン」発売。
■アンニフリッド、「SOMETHING’S GOING ON」のレコーディング開始。
■アバ実質的に活動停止。
アバのヒット・シングルを集めたベスト・アルバム「THE FIRST TEN YEARS」発売。全英、他のヨーロッパ・チャートで第1位を獲得。

注意)年表作成にあたっては、かまち 潤さんのアバ年表を参考にさせていただきました。また、レコード関連の記事は、イギリス、ヨーロッパを中心としたもので、日本での限定(編集)盤は掲載されていません。

◎訂正、補足がありましたら、メール、掲示板にて管理人までお知らせ下さい。


 HOME


TOP PAGE
注意)このサイトに掲載されたABBA(アバ)画像の権利は全てユニバーサル・インターナショナル及びポーラーに帰属します。
(All rights on ABBA's pictures in this site belongs to Universal international and Polar)