第15回 アバとカーペンターズ(02/05/10)

 どこのアンケートだか忘れたが、日本人が再結成してほしい洋楽アーティストでアバが3位に選ばれていた。しかし、その上をみるとビートルズ、カーペンターズと続く。まー、ビートルズに関していえばいつものことだが、やはりアバの上にはカーペンターズが存在しているのかという感じがした。個人的にいえば99%オリジナル曲で勝負していたアバの方を評価するが(今さら何を言ってる)、日本での知名度からいえばやはりカーペンターズに軍配が上がるようだ。この要因を追っていくと、カーペンターズの方がプロモート期間が異常に長かった。CMソング、ドラマの主題歌に関してもかなり多くの曲が使われていた。日本人によるトリビュート・アルバムが発売された。等々があるが、一番の要因は、マスコミがカレンという素晴らしい歌手を、あまりにも悲劇的に描いたせいではないだろうか?とかく日本人は、悲劇的ヒーロー、ヒロインが好きであり。このような人間を神格化してしまう傾向にある。その一方、アバの方はグループ、楽曲先行型であり、個人の顔があまり見えてこないというのが現実の話だ。こんなことをいうのは失礼だが、日本においてカレンとアグネッタの知名度を測れば、その差は歴然としてしまうに違いない。ファンとしては、アグネッタがカレンに負けない位魅力的なシンガーなのに、いつもアバというグループの1人にしか見られないことにいらだちを感じた人もいるはずである。これからはこんな点も踏まえて、全ソロ・アルバムの日本発売や、アバ書籍の和訳化実現(なぜできない?)、ビュジアル関係の充実(本人達の抵抗があるのも事実)など、アバのメンバー一人一人の素顔にせまる、もう一歩踏み込んだプロモート活動をユニバーサル関係者にお願いしたいのだが。

 BACK


TOP PAGE
注意)このサイトに掲載されたABBA(アバ)画像の権利は全てユニバーサル・インターナショナル及びポーラーに帰属します。
(All rights on ABBA's pictures in this site belongs to Universal international and Polar)