私はあなたから目が離せない / POLICE
SYNCHRONICITY -1983-

 - SONG TITLE -
 01.SYNCHRONICITY 1
 02.WALKING IN YOUR FOOTSTEPS
 03.O MY GOD
 04.MOTHER
 05.MISS GRADENKO
 06.SYNCHRONICITY 2
 07.EVERY BREATH YOU TAKE
 08.KING OF PAIN

 09.WRAPPED AROUND YOUR FINGER
 10.TEA IN THE SAHARA
 11.MURDER BY NUMBERS

ピンクで書かれたタイトルはお勧め曲です

◇アルバム解説◇

 ポリスの通算5作目にあたるオリジナル・アルバムは、彼らのマスター・ピースといっていいほどの出来映えを示した作品だ。又、このアルバムをロキシー・ミュージックの「アバロン」と並ぶ80年代屈指のロック・アルバムに挙げる評論家も多い。このアルバムの中からは、「エブリ・ブレス・ユー・テイク」というビッグ・ヒットを生み出しており、アルバム自体もアメリカ、イギリスでナンバー1を獲得。実質的に彼らが世界制覇を成し遂げた初の作品になった。しかし、かねてからソロ活動にこだわっていたスティングは、このアルバム発表から3年後に、ポリスの活動を休止させることになる。人気絶頂の中での解散劇は、ファンにとってみれば、とうてい納得のいくものではなかった。

◇名曲解説◇

Disc 01 < SYNCHRONICITY 1 >

 当時、コンサートのオープニングを飾っていたロック・ナンバー。スピード感溢れるロック・ビート、軽快なエレクトリック・サウンドとの融合は、かっこいいの一言。

Disc 07 < EVERY BREATH YOU TAKE >

 なんとビルボード誌で8週連続1位を獲得した彼ら最大のヒット曲。一貫して流れるミュート・ギターのアルペジオが、非常に独特な世界を作り出している。一聴すると甘いラブ・ソングに聞こえるが、スティング自身、「この曲は愛の醜さを描いた作品で、そんなにロマンチックなものではないよ」と語っている。  

Disc 08 < KING OF PAIN >

 このような曲を聴くと、ふつうのロック・バンドとは一線を画す彼ら独特の音使い、和声感覚の素晴らしさが味わえる。コードには、いつもある種のテンション・ノートが加味されており、つねにポリスがポリスであることを証明してくれる。