SOMETHING'S GOING ON -1982-

 - SONG TITLE -
 01.TELL ME IT'S OVER
 02.I SEE RED
 03.I GOT SOMETHING
 04.STRANGERS
 05.TO TURN THE STONE
 06.I KNOW THERE'S SOMETHING GOING ON
 07.THRENODY
 08.BABY DON'T YOU CRY NO MORE
 09.THE WAY YOU DO
 10.YOU KNOW WHAT I MEAN
 11.HERE WE'LL STAY
   

ピンクで書かれたタイトルはお勧め曲です

◇アルバム解説◇

 1982年、アバの活動停止直後に発表されたフリーダのソロ・アルバム。参加メンバーもプロデューサーにフィル・コリンズ(ドラマーで参加してるのはいうまでもない)、曲の提供者にスティーヴン・ビショップ、ジョルジオ・モルダー、ブライアン・フェリー、ロッド・アージェントなど、全米、全英それぞれでトップ・ヒットを飾ったことのあるアーチストばかりだ。そのためか、曲のほうもかなり参加メンバーの個性がでており、アバの郷愁を求めるファンには、少し面食らってしまうアルバムだろう。しかし、アルバムの完成度は高く、フリーダのソロ・アルバムでは最も大きなセールスを記録した。

◇お勧め曲解説◇

TRACK 01 < TELL ME IT'S OVER >

 作曲は映画音楽のテーマ曲などで有名なスティーヴン・ビショップ。ソフトAORの出身である彼が、このようなロック調の曲を書くのは少し意外ではあるものの、”動”のイメージを持つフリーダには、ぴったりの作品となった。

TRACK 05 < TO TURN THE STONE >

 サウンド・トラックの巨匠ジョルジオ・モルダーの作品である。曲は彼らしく、ミステリアスかつ、広大なサウンド・イメージを作り上げている。彼女のソロ・アルバムの中でも屈指の名曲だろう。  

TRACK 11 < HERE WE'LL STAY >

 アルバムのラスト・ナンバーは、フリーダとフィル・コリンズの夢のデュエットが楽しめる。曲もビートの効いたダンサブル・ナンバーで、アバでは味わえないフリーダのダイナミズムを感じる。


HOME


TOP PAGE
注意)このサイトに掲載されたABBA(アバ)画像の権利は全てユニバーサル・インターナショナル及びポーラーに帰属します。
(All rights on ABBA's pictures in this site belongs to Universal international and Polar)