人々はそこをザナドゥと呼ぶ / E.L.O.& OLIVIA NEWTON-JOHN
XANADU -1980-

 - SONG TITLE -
 01.I'M ALIVE
 02.THE FALL
 03.DON'T WALK AWAY
 04.ALL OVER THE WORLD
 05.XANADU
 06.MAGIC

 07.SUDDENLY
 08.DANCIN'
 09.SUSPENDED IN TIME
 10.WHENEVER YOU'RE AWAY FROM ME

ピンクで書かれたタイトルはお勧め曲です

◇アルバム解説◇

 1980年に発表されたこのアルバムは、ハリウッドのミュージカル映画「ザナドゥ」のサウンド・トラックとして作られた。ジェフ・リン率いるE.L.O.とオリビ・アニュートン・ジョンという異色の組み合わせだが、このアルバムの出来は素晴らしく、「ザナドゥ」、「マジック」という2曲のビッグ・ヒットを生み出した。当時、日本でも異例なほどのセールスをあげ、サウンド・トラックとしては、「フラッシュ・ダンス」に次ぐヒットを記録している。映画の内容は、売れない青年デザイナーの夢を、芸術の妖精キラ(オリビア・ニュートン・ジョン)がかなえるというシンプルなものだが、主演オリビ・アニュートン・ジョンのキュートな演技と、ジェフ・リンのファンタスティックな音楽が、見るものに爽やかな感動をあたえてくれる。

◇名曲解説◇

 この映画のテーマ曲である「ザナドゥ」は、ジェフ・リンの音楽センスと、オリビア・ニュートン・ジョンの美声が見事に融合した名曲だ。ジェフ・リンが好むディミニュッシュ・コードの響きが各所にみられ、この曲の存在をアピールしている。もしこの曲がなければ、映画の魅力が半減してしまうといっていいだろう。

Disc 06 < MAGIC >

 全米で第1位を記録した大ヒット曲だ、こちらの曲はジョン・ファーラーの曲だが、オリビア・ニュートン・ジョンのベスト・アルバムに必ずといっていいほど収録されている曲だ。不協和なイントロから始まり、いつのまにかファンタスティックなラブ・バラードへと引き込んでいくジョン・ファーラーの作曲センスは、まさにマジックと呼べるものだ。