BACK TOP NEXT
海岸動物拾い歩き記 102




渥美半島周辺にカニ類の打ち上げ

2013・6・23
田中利雄

 西ノ浜で、コブシガニの仲間(写真、左上)が1つありました。
 和地町の浜辺では、抱卵中のヘリトリマンジュウガニ(写真、左下、甲幅5.1cmと、ガザミ)の甲羅を2つ(’写真、右上下)を拾いました。

 

写真

 マンジュウガニの仲間のスベスベマンジュウガニには、甲、脚、筋肉に毒素サキシトキシンが含まれていることが知られており、ヘリトリマンジュウガニも、拾ったときには無気味な感じがしました。しかし、図鑑によれば、本種については、毒物の有無などは書いてありませんでした。


BACK TOP NEXT