BACK TOP NEXT
海岸動物拾い歩き記 105

ベニオキナエビスとベニアツフジツボの着生

2014.12.31
田中利雄

 これは以前に、土生紳吾氏より購入していた物です。オキナエビスの仲間は、殻の横に切れ込みがあります。この切れ込みは、排泄口と生殖口が、蓋の位置より後ろにあるので、この形になっています。
 ベニオキナエビスは、全体に紅色がかった薄褐色の斑模様をしています。
 この貝の表面に付着共生するフジツボがいます。ベニアツフジツボと言い、宿主のベニオキナエビスの体表の斑模様にそっくりです。擬態しているのです。
 この貝を販売するときには、着生しているものを全部取り除いて、着生跡も綺麗にするのですが、特別にお願いして、付着したままの状態で購入しました。
 なお、このフジツボの背板と楯板の写真は珍しいので、ここに示しました。図4の上が背板で、表面側が左、内部側が右、下が楯板で、表面側が左、内部側が右です。


図1


図2 ベニオキナエビスとベニアツフジツボ


図3 ベニアツフジツボの中心部

図4 ベニアツフジツボの背板と楯板

BACK TOP NEXT