BACK TOP NEXT
海岸動物拾い歩き記 98




石川県でのズワイガニの甲羅のカニビルの卵

2012・2・19
田中利雄

 今から約8年前の3月初旬のことです。

 能登半島を巡る旅からの帰り道で、石川県の国道筋に魚屋がありました。車を止めて見てみると、ズワイガニが沢山積み上げられていました。その半数ほどに、写真で示すような黒い点が幾つもありました。
 それを少しだけ買って帰りました。

写真1

 後日、それはカニビルの卵だと分かりました。カニビルという名なのにカニに寄生する虫ではなくて、石などに卵を産みつける魚類の寄生虫でした。石の代わりにズワイガニの甲羅にも産みつけることがあり、カニビルの卵の付いているズワイガニは、脱皮してから日が経っていて硬く、身入りがよくて美味しいのだそうです。

 もっと沢山買ってくれば良かった…と、悔やまれるこの季節です。


BACK TOP NEXT