民家再生の家
古材を活かし、新材は西川材で


再生後の南側外観。屋根瓦は以前のモノを再利用した。

以前の通り再生された曲がり松の梁組。

竹小舞による壁下地と荒壁塗り。

明治20年に建てられた農家住宅の古民家建物です。 100年以上の間、代々大切に住み続けられてきた愛着のある家を、更に100年以上受け継いでいけるようにと再生工事の設計を依頼されました。 この家の歴史を生かしながら、現代の生活にマッチしたデザインをしています。
再生工事は、既存家屋をいったん全解体して、傷んでいる部材については新材に取替えてから組み直す方法としました。 小屋梁は味わい深い曲がり梁が組まれており、古材をそのまま再生することが出来ましたが、柱材は大黒柱と小黒柱以外は 傷みがひどく、新材に替えました。新材は地域産木材(西川材)を使い、伝統技術を駆使した木組みの家として再生されています。

玄関土間は生活上必要な改装により洋間に替わっていたが、今回の工事の中で土足対応の応接間として再生した。

食堂は小屋梁の古材が見える高天井の大空間とした。夏は涼しく、冬は床暖房で快適に過ごせる。

大黒柱と差し鴨居の残る和室10帖は、ほぼ以前の通りに再生された。