いざ鎌倉

一昨日の当直時、またまた疲れ果てて?宿探し。当直をするたびに旅をしたくなります。今回は何処へ行こう?北関東の山を走るにはまだ早いし、暖かい房総はいつでも行けるし、伊豆は先月行ったので・・・そうだッ神奈川だ。ということでいつものようにネットで宿を探すと、藤沢のホテルがとれました。2002.3.22(金)鎌倉、江ノ島そして三浦半島巡りと決めてセブンに乗り込み貝塚ICから出発。高速湾岸線が開通したので、以前のように狩場経由横浜横須賀道路という大渋滞路線ではなく、すいている湾岸を一気に走りました。釜利谷JCTで横横道路に合流し、朝比奈ICから県道204号で鎌倉宮に行き駐車場をゲット。なにしろ鎌倉は”なにしおう”駐車困難な街。歩く事を覚悟して出発しました。歩き始めると小学校のそばで桜 桜が咲いているのに気付きました。今年は暖冬で、桜の開花が異常に早いらしいのです。桜を見ながら頼朝の墓に向いました。40年前に遠足で来た時、子供用のカメラで写した”串団子のようだと思った”頼朝の墓の写真を思い出しながら、今回は息を切らしながら階段を上っていきました。なつかしい串団子というより今は”焼き鳥のようだと感じられる”頼朝の墓 がありました。そうあの時の白黒の写真と全く同じなのです。一緒に歩いてきた担任の先生の顔まで思い出しました。階段をおりて今度は鶴岡八幡宮にむけて歩き出しました。とにかくこの街は車ではなく足で移動するしかないのです。それが鎌倉なのです。鶴岡八幡宮 八幡宮です。源平池の周りにも源平池 桜が咲いていました。ここで最も見ておきたいのはなんといっても”隠れ銀杏”隠れ銀杏 でしょう。三代将軍実朝がこの木に隠れていた甥の公暁により暗殺されたところからその名がついた大銀杏の木です。若宮大路は今夜また来て歩く事にして、まずは江ノ島に行く事にしました。明日は土曜日、土曜日の江ノ島は駐車場の確保も難しいほど混むと聞いたからです。鎌倉宮まで歩いて戻りセブンに乗って県道204号、21号そして国道134号を走り江ノ島大橋を渡りました。駐車場はすいていました。車を降りてめざすは西側の江ノ島神社の方ではなく、我々としては当然のごとく東側の江ノ島灯台です。ヨットハーバーを左にみながら南に向って歩き広い駐車場にぶつかり、そこから東に向って歩いて行くと、目指す灯台が江ノ島灯台 ありました。思っていたよりず〜っと小さい、あの爪木崎灯台よりも小さい(しょぼい?)灯台でした。でも、これも灯台です、満足して反対側に歩いて行き江ノ島波しぶき 打ち寄せる波しぶきを見てきました。大橋付近まで歩いて戻り昼食、貝作の海鮮御膳をたべました。さすがに新鮮でおいしかったです。駐車場に戻ろうとしてこんなもの世界女性群像噴水池 に気付きました。世界女性群像噴水池という名前でしたが、どういう意味かはよくわかりません。単なる裸女?対岸は江ノ島海岸 片瀬東浜というらしいです。この後、藤沢のホテルにチェックイン、車を置いて江ノ電に乗り込み鎌倉散策に向いました。

next