軽井沢の教会へ

2002.9.14(土)早朝、軽井沢へ向けスタートしました。そう、明日は息子の結婚式があるのです。二ヶ月前に娘が結婚したばかりで、続けて二件ということです。いつものように貝塚ICからスタート、大泉を前に渋滞。これも予定通りです。関越自動車道に入った時は雨、上信越自動車道に入っても雨雨の関越 そう、いつでも雨なのです。寄居を前に事故渋滞がありましたが、全体的には順調に走り藤岡JCTから上信越自動車道へ。横川PAをこえるあたりから混んできましたが、トンネルをぬけてすぐ碓氷軽井沢IC。県道43号を北上して南軽井沢の交差点近くを走っていると気温標示があり、12℃!ブルッさぶっ。プリンス通りは既に大渋滞、午前10時半でした。江戸川区から電車で向った娘夫妻がほとんど同じ時間に軽井沢駅に着いたというので、彼らを迎えに行き合流しました。教会を見てから昼食をということで、国道18号で中軽井沢駅前へ、ここで右折し国道146号を北上して教会近くのホテルに駐車しました。駐車場の奥のほうへ歩いて行くと石の教会 石の教会があります。近づいて行くと石の教会 こんな感じです。石の教会 幸い挙式をしていなかったので中に入ることが出来ました。この教会は1988年、この地をこよなく愛した内村鑑三の功績をたたえて建てられたもので、昭和末期を代表する建築物だそうです。石造りの荘厳な教会内は天地創造の五大要素が取り入れられたもので、祭壇に向って重なり合う石とガラスのアーチ石の教会 は、互いに協力して成長していく二人の人生石の教会で を表現しているそうです(←るるぶ軽井沢)。次はいよいよ軽井沢高原教会、明日の挙式場です。Uターンして先ほどの駐車場を抜けて少し歩き、ホテルの玄関を越えたところにあります。


next