更に北上飯岡灯台へ

九十九里ビーチラインを北上して13時過ぎには目的の蓮沼海浜公園に着きましたが…なんと駐車場の入り口は閉ざされ、いや、全て閉じていました。蓮沼海浜公園 三が日だけ休みなのか冬中休みなのかは知りませんが、たしかにこんなに寒い中遊びに来る人達はいないのかもしれません。まぁこの公園にしても特別入ってみたかったわけではなく、実は、この近くで焼き蛤を食べたかっただけなのです。店の名は「まっぷる千葉房総」に掲載されていた”その日に水揚げされたハマグリをコンロで焼き、醤油をたらして食べるスタイルが好評の”土屋水産です。その駐車場はなにか圧迫感があって入りにくい感じがしたので、そのまま店の中を覗き込むように近づいていったところ、赤ちゃんをおんぶした若い女性が手招きして店の真ん前に駐めてもよいとのこと。早速そこにセブンを焼き蛤 駐めさせてもらいました。中に入ると十数人のグループが食事をしていました。とてもマナーの良いグループで、こうした店にありがちな酒を飲んで大声で話しているといった様子ではありませんでした。静かだなぁと思いながらメニューをみて魚介づくしの”九十九里バーベキューセット”を注文して、おもむろに先程の圧迫感のあった駐車場をみると!じゃ〜んロードスター ロードスターがいっぱい駐まっていました。即座にこのグループがロードスターのいわゆるオフ会の新年ツーリングにちがいないと思いました。思わず「写真を撮らせてもらっていいですか」と声をかけてしまいました。こちらはセブンを店の真ん前に駐めているので、あちらの皆さんもすぐに理解したようで、「どうぞどうぞ」とまさに二つ返事でした。ロードスターは全部でロードスター 十台でした。一台一台アップで撮らせていただきました。すっごく得した気分になり、更に、バーベキューセット こんなに多くの焼き物 焼き物を自分で焼いて食べて上機嫌になりました。とてもおいしかったし、とても食べきれませんでした。大満足で次は屏風ヶ浦の上の刑部岬、飯岡灯台へ行く事になりました。


次のページへ