白糸の滝、鬼押出し〜小諸・千曲川

アカペラには別れを告げて白糸ハイランドウェイを走る。快適な道です。途中白糸の滝ほど人気はないが必見と言われている竜返しの滝を見に行きました。狭い土の小道に車をとめて少し歩いて行くと目的の竜返しの滝がありました。竜返しの滝 もっと近づくと竜返しの滝 こんな感じの滝で、短いけれどもその流量は多く勢いがあるので、竜(恋、もとい鯉)も滝登りができないというのがその名前の所以らしいです(「るるぶ」には”その昔、大蛇が滝を渡り切れずに深い滝壷に落ちたことからこの名が付いた滝”とある)。ハイランドウェイをさらに走ると白糸の滝があります。まずアプローチに白糸アプローチ こんな小さな滝があり、その奥に行くと白糸の滝 白糸の滝の標示、さらに近づくと白糸の滝 よく見かける滝の姿です。この有料道路の出口には峰の茶屋があり、そこから鬼押しハイウェイに入り鬼押出し園にいきました。ここは混んでました。鬼押出し園 ここで入場料を払って鬼押出し 溶岩が形作った不気味な姿を見ながら約一時間歩いてまわりました。見晴台 ここは見晴台の標示があるところで、植物が溶岩の上に育っており、悠久の地球、自然を感じます。車に戻ると”千曲川が見たい”と、またまた助手席の突然の声!小諸に向いました。懐古園前の蕎麦屋懐古園前蕎麦屋 でとろろそばを食べ千曲川のダム千曲川ダム をみて家路に着きました。千曲川の下流の一つが”清流”梓川 です!


return