碓氷峠へ

おぎのや おなじみ峠の釜めし、おぎのやドライブイン横川店です。中仙道(ここでは国道18号)碓氷峠のまさに入り口の所にあります。もちろん注文は”峠の釜めし”。とてもおいしかったです。 2002.9.14(土) 軽井沢の教会へ行く予定なので、是非もう一度この釜めしを食べてきたいと思っています。さて、おなかもいっぱい大満足でいよいよ今回のドライブのハイライト、碓氷峠を走りました。道はすいている上に近づくセブンの人相の悪さに驚く車が道を譲ってくれるので、あっという間に走り抜けてしまいました。めがね橋もありました。拓海がかわしたカーブもありました。でも、ここは走るのに夢中(真剣な顔つきで運転していたと思います。もちろん、超安全優良運転!?です)であったので、残念ながら写真は一枚も撮れませんでした(峠を走る時はいつも殆ど写真を残せません)。Pホテルでチェックインをすませてから旧軽銀座入り口で車を預け、旧軽銀座は素通りして(なぁ〜んの興味もありません)旧碓氷峠遊歩道へ向いました。芭蕉句碑 二手橋に向う途中に静かな木立に囲まれて立つ芭蕉句碑です。この後、二手橋を渡って吊り橋吊り橋 へ!写真も暗くて橋がよく見えませんが、実際に暗くなってきたので、この上の見晴台や茶屋しげの屋まで行かないうちに残念ながら戻ってきました。息子とその彼女をホテルに迎えることになっていたからです。彼らは一仕事してから午後出発、関越自動車道川越ICから入り、上信越自動車道碓氷軽井沢ICでおりてきたようです。”るるぶ”に載っていた軽井沢駅近くのお店で”並んでも食べたい絶品メニューとろとろのタンシチュー”と”衣を薄めにつけて揚げ焼きにすることで、肉のやわらかさを損ねないようにしたビーフカツ”を食べて満足してホテルに帰りぐっすり眠りました。翌日起きて若い二人より一足お先に出発、駐車場ではセブンとアカペラ セブンとアカペラが並んで待っていました。ドライブ先では初めてのツーショットです。 (五色沼では別々に駐車)


next