一日目は浜名湖で一泊、そして南紀へ



2003.2.9(日)またまた当直明けドライブ。今回は三週連続日曜日の(地獄責めのような)当直のストレスを晴らすべく、二泊三日の予定で遠くへ遠くへ遠くへ…と走りに行くことにしました。題して「南紀自虐ドライブ?」。というのはこのコース、ネットで調べるほどにとんでもないコースである事が知らされます。名古屋・大阪あたりからでも日帰りドライブは無茶、文字通り陸の孤島への地獄のあるいは自虐のドライブとして紹介されていました。ましてや千葉から!しか〜しッ、それでひるむような”ばるしゃん”ではありません。やってやろうじゃないの!…ということで決行!といっても、午後4時頃まではちょっと用事があって出られません。そこで、この日は一昨年に続き浜名湖辺りまで行っておいて、翌日、潮岬を目指す事にしました。実際は3時半過ぎにスタートすることができました。いつものように貝塚ICから入るとやや渋滞気味、日曜日の午後とあって、おそらく房総日帰りドライブのご一行様が走っているのでしょう。ナンバープレートを見ると千葉はほとんどありませんでした。渋滞は東関東自動車道に入ると解消、首都高もガラガラ!途中、海老名か足柄か牧之原か…PAあるいはSAに寄って珈琲でものんで休憩(トイレも)などと考えていたのに、あまりに順調であったため一気に浜名湖SA浜名湖SA へ着いてしまいました。時刻は午後6時47分。なんと3時間ちょっと!かなり遅い到着を考えていたのでホテルは一泊朝食付き、すなわち、夕食はないのです。でも、ここは浜名湖。「うなぎがあるじゃん」というわけで、SAPAのHPにあった「浜名亭」で”お櫃まぶし”お櫃まぶし と”特選う雑炊”う雑炊 を注文。それぞれ2000円と1500円、とてもおいしかったです。満腹でご機嫌!再び車を走らせ三ケ日ICで東名高速道路をおり今夜のホテルへ着きました。駐車場はすでに満車で奥の第二駐車場へ。浜名湖畔の地面の上でした。今回は距離と時期(雪)を考えてスタッドレスのセブンではなく、先日夏用タイヤを新調した(例の2002.11.9雪の日のスピンの後すぐにタイヤを換えておきました)ばかりのアカペラにチェーン4本用意することカペラ浜名湖 (←撮影は翌朝8:25、南紀へ向けてスタートする直前)を選択しました。この日のホテルは泊まれさえすればいいやということでいつものように”isizeじゃらん”で安いところホテルグリーンプラザ を予約しておきましたが、これがびっくり!和洋室和洋室 は六畳の和室プラスツインベッド応接セット プラス応接セット(テレビ番組はMUSASHI:本位田又八が映っています)。これにとても豊かな朝食和洋バイキングがついて一人5500円!今まで52年生きてきて最も得した感じの宿でした。翌朝、窓からは浜名湖にかかる東名高速道路の橋浜名湖東名 と浜名湖の”かき養殖棚”かき養殖棚 が見えました。曇っていて残念でしたが…おいしい朝食バイキングをたっぷり食べて、いよいよ南紀ドライブへでかけます!


次のページへ