沼津へ…そして城ケ崎へ


2003.4.21(月)ワケありて沼津へ。15:00早退しそそくさと一泊の用意、15:30にはいつもの貝塚ICから京葉道路、東関東自動車道、首都高を経て東名高速で沼津へと走りました。とにかく夕方の首都高の大渋滞を避けたかったのです。順調に走ることができ沼津には17:45頃到着しました。………翌4.22(火)は個人的には休日でしたが、これまたワケありて千葉には17:30までに帰らなければなりません。それでも、最近の忙しさからすると今日を逃すと何時出かけられるかわかりません。……そこで、朝早起きをしてホテルの窓から富士山沼津富士 を見た後、念願の城ケ崎へ行く事にしました。そう、これまで何回も伊豆を走りながら、城ケ崎の吊り橋にはなかなかいけなかったのです。今回は時間を有効に使う必要があった為、有料道路を多用することにしました。まずは富士見パークウェイを目指します。 沼津ホテルから国道414号を南下して江浦湾から左(東)に向かいました。ところが国道136号とクロスするあたりから道路が地図と一致せず…なんだかあちこち振り回された感じがしましたがそれでも何とか富士見パークウェイにのることができました。時々左側に見える富士山はとてもきれいでした。やがて韮山峠ICから伊豆スカイラインに入り、久し振りのワインディングで思うように走れず、後続車に道を譲る屈辱を何度か味わいました。それでも富士山スカイラインよりみた富士山 がきれいで快適でした。料金所が見えてきました。熱海峠IC???ありゃっ???料金所で間違えに気付きました。反対方向、城ケ崎に行くには天城高原ICから出なければいけません。料金所のやさしいやさしいお方が「しょうがないなぁじゃぁそこでUターンして戻りなっ」……お蔭様で”一粒で二度おいしいグリコのような”走りを楽しめました。天城高原側を走って行くと頭上には八重桜がありました。ハンドルを握りながらデジカメを取り出しパチリ八重桜 (危ないあぶないアブナイ)!懐かしい国道135号に出てからもたいした渋滞もなく、あの城ケ崎入り口という交差点に着きました。ここから鋭角に左折しますが、これまで何度か訪れてますが、今回初めてここで曲がる事ができました(それだけでもシアワセ)。早速城ケ崎門脇駐車場に愛車アカペラ(セブンはまたまた問題ありで長距離走行は禁じられています)をとめて歩き出しました。まずはいつものように案内図城ケ崎案内図 を見ます。


次のページへ