太東崎灯台へ

外房黒潮ライン国道128号を更に北上し去年の11月に来た御宿を越えて、今回のドライブで見る三つ目の灯台のある、太東崎へと向って走り続けました。灯台入り口の標示のある交差点から海側に入っていくと細い道が山を登って行き、やがて”前方工事中通行止め”の標示がありました。恐る恐るその細い道を登って行きました。まだ歩くには遠い距離が残っていたからです。またまた、通行止めの標示。仕方が無いのでそこにセブンを止めあとは歩きました。灯台のすぐ近くには荒れ果てた本来の駐車場があり、フ・リ・ンを思わせる怪しいカップルが駐車してず〜っと車の中にいました???なんだ、やっぱりここまで車で来ていいんだ、などと思いつつ、いざ灯台へと向いました。太東崎灯台 小さな灯台です。例によって太東崎灯台 少し離れた所から振り返ります。いいですねぇ。右側に見えているのが例のアベック(死語?)が駐車している所です。どうやらこの辺りは観光地化をはかるべく整えているようです。さっき見てきた工事中というのはそういうことだったようです。またしても海側に歩いていき(といってもほんの僅かな距離ですが)太東崎 こんな景色を見た足場はこんな感じでした太東崎 。次にここに来る時にはおそらくかなりきれいになっているのだろな・・・などと思いつつ、中途半端な場所で待っているセブンの方へ歩いて行きました。セブンは国道128号を離れ県道30号九十九里ビーチラインを走り、やがて有料九十九里道路を飛ぶように走って、東金九十九里道路から東金街道を経て無事帰宅しました。


return