御宿へ?

滝を充分に堪能して例の門から出て愛車セブンの方を見ると!なんと警官が!こういう場所で景観を見ることはあっても、まさか警官を見るとは・・・しかも、わがセブンの周りをうろうろしていて。なにしろ路駐の車がいっぱいで、まさか自分だけ咎められるはずはないと思いつつ近づいていくと「この車の運転手さんですか?」との尋問!?「あっはいっ」「ここは駐車禁止!わかっているよねっ」「はぁ、でも駐める所なくてぇ、この道ず〜っと駐車車両だらけですよ」「でも、違法は違法ですよね」「はぁすみません」「あなたは駐めたばかりですか?」(なんとやさしいお言葉)「えっえぇそうですっ!駐めたばかりです」・・・ということで無事?解放していただきました。セブンの”運転手さん”が若者でなくて彼も驚いた(がっかりした?)のでしょうか?(すみませんこんなおっさんがセブンに乗っていて)さて、帰り道は・・・すごい車の列、大渋滞です。きた道を戻ると何時間かかるかわかりません。そこで、いつものようにとんでもない方向へと走り始めました。海へ、御宿海岸 そう御宿へ行ってしまいました。ついでにここに来たからには、いくら俗っぽすぎるとはいえ月の砂漠月の砂漠 を見ないわけにはいきません。ほとんど人もなく、車も少ない道をひたすら走って大原から国道465号、そして今度は少し渋滞もあったが国道297を経て16号に出て家路に着きました。滝見のはずが海まで見てきちゃいました。まぁ、いつものことですが・・・


return