MASACO
produced by ethno


 

NET上で評判になっていたMASACO石鹸を初めて試してみたのは
2000年5月のことです
20代のころから、純石鹸を入浴や洗濯に使っていましたが
いつしか石鹸生活から離れてしまいました
久しぶりに使ってみた100%ナチュラルな石鹸は
今まで使ってたどの石鹸より、使い心地も香りも優れていました
それ以来、身体を洗う時に使うのはMASACO石鹸だけ
いろんな香りがあるので、その日の気分で選ぶのが楽しみになっています


■ ABOUT MASACO ■
MASACO石鹸は、バリ在住の日本人女性・臼井雅子さんが「すべて自然の素材で手作りのココナッツ石鹸をつくりたい」という思いのもと、バリで全ての行程を昔ながらの「手作り製法」で作っているそうです。ココナッツの実の果肉から採ったココナッツオイルがベースで、無添加、無着色の純石鹸です。香りづけに使用しているエッセンシャルオイルも100%自然素材のものを使うというこだわりよう。しかも、純植物性のココナッツオイルは低刺激で肌にとても優しく、お肌の敏感な人でも使えるとのことです。 
ココナッツオイルから作られた石鹸は泡立ちが良く、さっぱりとした洗い上りが特徴です。本来洗浄力は強めなのですが、MASACO石鹸は成分のココナッツクリームををあえて残した「スーパーファット製法」という方法を用いていること、石鹸の製造の過程で自然にできるグリセリン(保湿成分)も含まれている(通常の製法では取り除かれる場合が多い)ことから、使用感はしっとりとした感じになっています。
MASACO石鹸の第一のポイントは、やはり「香り」だと思います。天然のエッセンシャルオイルでつけられた香りは、仄かでとても上品です。MASACO石鹸と出会う前は、人工香料がふんだんに入った石鹸やボディソープを使っていたので、最初はMASACO石鹸の香りの仄かさが多少物足りなくも感じました。でもそう思ったのも最初だけ。繰り返して使ううちに、この香りかたの柔らかさやバランスの良さに惚れ込んでしまったのです。フレグランスの類いは苦手!という人にも、楽しんで使ってもらえると思います
もともと私の肌はかなりの乾燥肌で、市販の石鹸やボディソープを使うとカサカサした手触りになってしまうのですが、MASACO石鹸の場合はカサついたりつっぱったりはしません。夏場なら身体は2度洗いしても大丈夫です。しっとりすると言っても、ボディソープにありがちな「ぬるぬる感」は一切なく、洗い上りがすっきりしているのがうれしいです。泡立ちが豊かなので必要以上に皮膚をこする必要もなく、汚れ落ちも良い感じがします。全般的に肌に穏やかな石鹸だな〜という印象があります。
普通の洗顔料やボディソープを使ってる人も、既に純石鹸派の人にも、気に入って貰える良さがMASACO石鹸にはあると思います。詳しい特徴やコンセプト、商品説明などはMASACO石鹸のHPでどうぞ。 

MASACO石鹸を販売中【エスノ】
http://www.ethnobali.com/index.html


 

TOP
HOME