豊竹藤太夫(とよたけとうだゆう)からのお知らせ
最新情報はフェイスブックをご覧下さいませFacebook



上皇さま、上皇后さまにおかれましては、
天皇皇后両陛下時代の平成29年2月13日に、
国立劇場文楽公演に御来臨賜り、
『近松名作集』第一部『平家女護島』鬼界が島の段」をご鑑賞されました。
https://www.sankei.com/premium/news/170218/prm1702180025-n1.html



今年3月に第1回目を開催して以来、大好評につきすでに何と第4回目!
今回から実演主体で大幅増量!
私は「菅原伝授手習鑑・寺子屋の段」源蔵戻りを拍子扇にて語らせて頂きます!(超レアな素浄瑠璃)
六代目月亭文都師匠は、いったい何を一席? それは当日のお楽しみ・ご期待下さい!
その後のトークバトルも更にさらに加速! 私はライフワークの「オン」のある発声についてを中心に、
ニューヨーク・ブロードウェイ公演や、紅白歌合戦・美空ひばりさんの新曲のお話等も!
日時:2020年2月1日(土)15時30分開演(約90分のバトル))
会場:「周あまね」大阪市中央区平野町4‐8‐8井上ビル3F
会費:3000円(別途1ドリンクお願いします)
ご予約・お問い合わせは今すぐに下記事務局までメールか電話でお願い申し上げます!
メール amusie.nao@joy.ocn.ne.jp
TEL 090・4308・7368




祝! ご長男誕生!
【独占】小泉進次郎環境相が明かされた
「僕が息子と一緒にしたいこと」って?
昨年フォーブス ジャパンが行った単独インタビューでは、
生まれくる子どもにぜひ体験させたいことの一つとして、
文楽鑑賞を挙げられていらっしゃいます。
文楽ファンであることを公言されている大臣が、
文楽との出会いからハマッた理由、独特の楽しみ方まで熱弁。
話は子育て論にまで及び──。
【文楽は、まるで村上春樹だ!】
詳細は下記のFurbesのサイトをご覧下さいませ
https://forbesjapan.com/articles/detail/31824/1/1/1




令和の改元とともに竹本文字久太夫改め、
初代「豊竹藤太夫」(とよたけとうだゆう)と改名させて頂きました。

【文楽ポータルサイト らぶんらく】
楽文楽の技芸員インタビューサイトに、
藤太夫改名などについて詳しい記事を掲載していただきました。
これまでの藤太夫の歩みや、先祖の事、令和新時代への活動など、詳細に記されております。
どうぞご笑覧の程をお願い申し上げます。
https://labunraku.jp/


令和2年1月文楽大阪正月公演(国立文楽劇場)
1月3日~26日(15日は休演日)
第2部 女性版忠臣蔵「加賀見山旧錦絵」廊下の段を語らせて頂きます
また、第1部「廓文章」吉田屋の段で喜左衛門を語らせて頂きます
詳細は下記の国立文楽劇場のページをご覧下さいませ
https://www.ntj.jac.go.jp/schedule/bunraku/2019/3560.html?lan=j



2月文楽東京公演では「勧進帳」弁慶を語らせて頂きますが
2月10日17時より国立劇場の伝統芸能情報館にて
文楽「勧進帳」のお話をさせて頂きます
どうぞ賑々しくご来場の程をお待ち申し上げます!
お申込は今すぐ office@coten-goten.com まで!
【コテンゴテン(古典御殿)】
◎2月10日(月)17:00~17:30
藤太夫さんのワンポイント講座!
『勧進帳はここを聴いて観て!』ということで、
豊竹藤太夫さんに第3部の上演演目についてお話しいただきます。
ご観劇前に30分だけの講座です。
こちらは観劇チケットとセットでのご案内はありませんが、
どうしてもセットで手配したい、という方はその旨お知らせください。
個別に対応させていただきます。
詳細はこちらのコテンゴテンをご覧下さいませ
https://www.facebook.com/cotengoten/posts/2807307099320699



文楽2月東京公演(国立劇場)
2月8日~24日
第3部 「鳴響安宅新関(なりひびくあたかのしんせき)」
【勧進帳の段】弁慶を語らせていただきます
詳細は下記の国立劇場のページをご覧下さいませ
https://www.ntj.jac.go.jp/schedule/kokuritsu_s/2019/22101.html?lan=j


文楽3月地方公演
「生写朝顔話」大井川の段を語らせていただきます
詳細等は各ホールのページをご覧下さいませ
3月6日 京都府立芸術会館(京都府京都市)
3月7日 京都府立芸術会館(京都府京都市)
3月8日 戸畑市民会館(福岡県北九州市)
3月11日 あましんアルカイックホール・オクト(兵庫県尼崎市)
3月13日 高崎芸術劇場スタジオシアター(群馬県高崎市)
3月14日 ルネこだいら(東京都小平市)
3月15日 府中の森芸術劇場(東京都府中市)
3月20日 姫路市文化センター(兵庫県姫路市)
3月21日 三重県文化会館(三重県津市)


文楽4月大阪公演
4月4日~26日(15日は休演)国立文楽劇場
通し狂言「義経千本桜」

第1部「義経千本桜」堀川御所の段(奥)と
渡海屋・大物浦の段(後)を語らせていただきます

詳細は下記の国立文楽劇場のページをご覧下さいませ
https://www.ntj.jac.go.jp/schedule/bunraku/2020/4155.html?lan=j



【超すじょうるり会】
藤太夫vs清志郎がガチで挑む!
「一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)」~熊谷次郎直実~
大序から熊谷陣屋までを、通常の素浄瑠璃に、
解かりやすい口語浄瑠璃を加えて演奏致します!
まったく新しいタイプの義太夫節の会でございます!
「組討の段」や「熊谷陣屋の段」の最も有名な部分は通常の演奏で、
その前後に口語浄瑠璃の説明を加える事により、
解りやすく、熊谷次郎直実の心情や悲痛がより鮮明に浮かび上がります!
どうぞ賑々しくご来場の程をお待ち申し上げます!
1月15日10時 全国一斉発売開始!

☆大阪公演 4月29日(祭・水)13時開演 国立文楽劇場小ホール
料金:2500円(当日3000円)
大阪公演申込サイト https://rsv.labunraku.jp/reservation/reserve/code/CHO0429…
国立文楽劇場窓口でも1月15日10時よりの発売となります

☆東京公演 5月26日(火)13時開演 池上実相寺
料金:2800円(当日3300円)
東京公演申込サイト https://rsv.labunraku.jp/reservation/reserve/code/CHO0526…
メールでのご予約 office@labunraku.jp


文楽5月東京公演
5月9日~25日 国立劇場


6月文楽鑑賞教室/Discover BUNRAKU/大人のための文楽入門
6月5日~18日 国立文楽劇場
詳細は下記の国立文楽劇場のページをご覧下さいませ
https://www.ntj.jac.go.jp/schedule/bunraku/2020/6discover-bunraku4.html?lan=j


文楽大阪夏休み公演
7月18日~28日 国立文楽劇場


文楽東京公演
8月3日~9日 国立劇場


文楽9月東京公演
9月5日~22日 国立劇場


文楽11月大阪公演
10月31日~23日(12日は休演日) 国立文楽劇場


文楽12月東京公演・鑑賞教室公演
12月3日~15日 国立劇場


令和三年 文楽1月大阪公演
1月3日~24日(14日は休演日)


令和三年 文楽2月東京公演
2月6日~22日 国立劇場


どうぞ賑々しくご来場の程を
よろしくお願い申し上げます
令和2年1月吉日
豊竹藤太夫


【文楽ニューヨーク公演・杉本文楽曽根崎心中、超大入りにて打ち上げました!】
お陰さまで10月22日(米国時間)無事に超大盛況に打ち上げさせて頂きました!
ニューヨークのお客様も大変暖かかったです!
27年前に公演で来た時は、街を歩いても地下鉄に乗っても、
気を許せないというか怖かったイメージがありましたが、
今のニューヨークはその時とは随分変わりました!
街も気楽に歩け地下鉄も普通に乗れます。
皆が譲り合う心というか、人への優しさが随所に感じられました。
また、ちょっとした時のアイコンタクトが大切なんだな、とも感じました。
やはり9,11から変わったのかもしれません。
今回も大変勉強になった公演でございます。
ニューヨークに感謝!

NHKニュースのテキストへ
公演情報は私のフェイスブックにアップさせて頂いております
最新情報はフェイスブックをご覧下さいませFacebook


「第3回ジョーラク桜花」に賑々しくご来場を賜りまして
誠に有難うございました、心より御礼を申し上げます。
今回の私のトークは浄瑠璃の「オン」とは何か?をテーマにお話させて頂きました。
すでに絶滅危惧種になってしまっている「オンのある浄瑠璃」とは何か?
住太夫師匠の稽古、特に晩年の私への稽古は、「オン」に終始しました。
「オン」とはもちろん音の事でもなく音の高低でもないのです。
それはつまり発声自体の問題にあり、声を張り上げて大きい声を出す事とは全く違います。
この日本古来の「オン」のある邦楽発声を聴き分けられる人も最近は絶滅危惧種になってしまいました。
洋楽発声とごちゃごちゃになって来てしまっているのですね。
住太夫師匠が私に36年間かけて伝えようとされた「オン」というものが、
最近になってようやく少し見えて参りました。
まさに文楽のサワリの付いた義太夫三味線の音の様な発声であります・・倍音
「ジョーラク桜花」は今年の3月に始まったばかりの会で、
まだ手探りの状態ではございますが回を重ねる毎に、
お客様と一緒に間近で藝を追及する素晴らしい会になって参りました。
多くのご要望にお応えして既に「第4回ジョーラク桜花」が来年2月1日に決定致しました!
第4回「ジョーラク桜花」は、私の浄瑠璃(張り扇で)と、
上方落語のベテラン月亭文都師匠の落語を一席、
まずは実際に15分~20分位ずつ演らせて頂き、
そのうえでのトークショーを予定しております。
どうぞ今後ともご指導ご鞭撻ご後援の程を、よろしくお願い申し上げます。
誠に略儀ではございますが、この場をお借り致しまして、御礼を申し上げます。



【母校で特別講義!】6月15日
我が母校・玉川大学芸術学部芸術教育学科の清水宏美教授のワークショップで、
文楽・義太夫節の特別講義をさせていただきました。
ご多忙のなか小原学長ご夫妻までご来場を賜り、
2時間余りの長時間の講義を、最後までお聴きいただけました。
全員での発声練習など、さすがは音楽学科の学生さんたち、
素晴らしい共鳴で美しい声をマーブルホール一杯に響かせていただきました。
昨秋の芸術学部パフォーミングアーツ概論の講義に続き2回目となる母校での講義は、
大変有難く光栄で、非常に有意義な事でございます!
西洋化しつつある日本の伝統音楽の中でも、
絶滅危惧種である義太夫節の、オンのある発声を次の時代に正しく残し伝えていく事は、
我が師・竹本住太夫師匠から私に与えられた使命でございます。



ラジオ大阪【高岡美樹のべっぴんラジオ】毎週月~木(15時~17時)
豊竹藤太夫が5月29日と6月5日の2週連続出演しました!
 「べっぴんサークル文楽へ行こう!」お聴き逃しの方も・詳細はコチラ→
http://www.obc1314.co.jp/bangumi/miki/


玉川大学出版部より月刊「全人」3月号に登場しました!
2019年3月号「玉川の先輩を訪ねて」P24~P27
初代・豊竹藤太夫としての初のインタビュー記事!
これまでの私・これからの私の情報満載です!
ご購入は下記の玉川大学出版部のサイトからfaxでお願い致します
http://www.tamagawa-up.jp/news/n280.html



ラジオ大阪
「高岡美樹のべっぴんラジオ」
2週に渡り出演させていただきました
番組ブログ「高岡美樹のべっぴんラジオ日記」
http://www.obc1314.co.jp/blog/miki/
お聴き逃しの方は下記で
5月10日放送
5月17日放送



にっぽん文楽in伊勢神宮
全国から沢山のご来場を賜りまして
誠に有難うございました
お陰様にて無事に大入りにて打ち上げさせていただきました
千秋楽にはミス日本酒三重県代表の
伊藤里華さんもご来場下さいました

伊藤里華さんのブログは下記でご覧下さいませ
2017 ミス日本酒 三重代表 伊藤里華/ Rika Ito 2017 Miss SAKE Mie
https://www.facebook.com/misssakemie2017.rikaito/
これからも伝統ある日本酒と
日本文化の魅力を国内外に発信されて下さいませ!


NATTS」3月号
第8面「なんばけーしょん」に私の記事が掲載されました
こちらでpdfをお読みいただけます



新國劇百年・劇団若獅子結成30周年
「夢の澤正」早稲田小劇場公演のプログラムに
私も寄稿させていただきました
こちらでご覧いただけます



DVD発売中!
「日本語を歌・唄・謡う」
竹本住太夫師匠はじめ
各界の第一人者の方々による
「共通の歌詞」をうたい分けた、
「日本の声の音楽」の集大成。

まさに日本の音楽芸術の文化財的DVDです!
プロや関係者や研究者の方々はもちろんの事
各界のファンの方々にも必見です!
中山一郎博士による後世に残る偉業の集大成。
詳細は下記のサイトをご覧下さいませ
http://www.adpopolo.com/jvoicesdvd/


NHKエンタープライズ
昨年の文化勲章を受章された竹本住大夫師匠
人形浄瑠璃文楽 竹本住大夫 引退公演 DVD-BOX 全2枚セット発売!
住大夫師匠の最後の舞台、国立文楽劇場での「菅原伝授手習鑑 桜丸切腹の段」、
そして、68年の芸道をしめくくる引退公演にのぞむ住大夫師匠に密着取材し、
気骨ある引き際に迫るドキュメンタリーを収録したDVDを発売。
特典映像として、竹本住大夫師匠のベスト公演との呼び声が高い
「伊賀越道中双六 沼津の段」も収録。

【収録内容】
■DISC.1
「菅原伝授手習鑑」・茶筅酒の段・喧嘩の段・訴訟の段・桜丸切腹の段
(2014年4月 国立文楽劇場にて収録)
■DISC.2
「鬼の散りぎわ~文楽・人間国宝 竹本住太夫 最後の舞台~」
【特典映像】
「伊賀越道中双六」・沼津の段
(1991年1月 国立文楽劇場にて収録)
詳細は下記のNHKのページをご覧下さいませ
http://www.nhk-ep.com/products/detail/h20425AA


竹本住太夫師匠の新刊
「人間、やっぱり情でんなぁ」
文藝春秋より
全国書店にて発売中でございます

【目次】
第一章 春のなごりに ~引退まで
第二章 師匠、先輩、弟子 ~修業とリハビリの日々
第三章 貧乏には勝たなあかん ~三和会の長い旅
第四章 デンデンに行こう ~私が育った戦前の大阪
第五章 文楽道場に生きる ~教えること・教わること
第六章 そして文楽はつづく
ええ星の下に生まれましたなぁ ~あとがきにかえて
256ページ 四六判 上製 上製カバー装
定価 本体1,700円+税
詳細は下記の文藝春秋のページをご覧下さいませ
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163901381


天皇陛下におかれましては
一昨年5月20日に国立劇場に御来臨賜り
「七世竹本住太夫引退公演」第1部「恋女房染分手綱」を
客席後方の特別席から御鑑賞されました
その後の住大夫師匠等との御懇談には
陛下と共に皇后さまも御参加されました



渡邉肇氏 写真展「人間浄瑠璃」
第一回 文楽至宝尽の段
ESPACE BIBLIO(エスパス・ビブリオ)東京都千代田区駿河台
飾る素晴らしい写真家・渡邉肇氏が5年の歳月をかけて撮りためた
文楽の舞台裏に垣間見るドラマティックな情景にフォーカスした写真展
竹本住大夫師匠の写真のスライド上映もあり
浄瑠璃も流れるそこはまさに住太夫ワールドでした!
無事に大入りにて打ち上げられました!
渡邉肇氏と会場前で 撮影は奥様の嶋田淳子様

渡邉肇氏のフェイスブックは下記で
https://www.facebook.com/diapositive.jp?ref=hl


フランス ルモンド紙のトップを飾る杉本文楽

日本スペイン交流400 周年記念 杉本文楽 スペイン マドリード公演
ローマ日本文化会館開館50周年記念 杉本文楽 イタリア ローマ公演
フェスティバル・ドートンヌ 杉本文楽 フランス パリ公演

おかげさまで全て大入り大盛況に打ち上げ
無事に帰国させていただきました
とりわけパリ公演では
フランス最有力紙ルモンドのトップを飾るという
文楽史上快挙を達成できました
話題性だけではトップを飾れないあのルモンド紙で
政治経済よりも杉本文楽を重要視していただける
フランスの文化水準の高さに改めて感動致しました
またオスカー女優のナタリーポートマンさんまでもスタンディングオベーションです
私の大好きなデザイナー マルセルラサンス氏は楽屋まで訪ねてくれました!
下記の文字久倶楽部「文字久大夫のヨーロッパ公演便り」をご覧下さいませ
http://www002.upp.so-net.ne.jp/kagaume/mojihisakinkyo.htm

国際交流基金
http://www.jpf.go.jp/j/culture/new/1305/05-05.html
小田原文化財団
http://www.odawara-af.com/
杉本文楽欧州公演プレスリリースpdfファイル
http://www.odawara-af.com/media/2013_0610_br_j.pdf




「とうざい」
田牧大和さんの新刊が講談社から発行されました
長期取材により細部にまでわたる完璧な人形浄瑠璃の小説です
江戸で流行りの人形浄瑠璃、木挽町は松輪座に、今日も舞い込む難事件。
人形浄瑠璃に人生をかける男たち。とびきりの「芸」で綴る、笑いと涙のお江戸文楽ミステリー!
「濱次お役者双六」シリーズで話題の著者、田牧大和さんの新境地!
詳細は下記の講談社のページをご覧下さいませ
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=218219X&x=B


第14回日本神経消化器病学会で
講演させていただきました
詳細は下記をご覧くださいませ
「文楽よもやま話」


中学校の教科書に私の舞台写真が登場しました
正進社 音楽・表現と鑑賞の資料(67ページの写真です)
中学校全学年 全104ページ A4 610円
http://www.seishinsha.co.jp/book_c/detail.php?b=229


NHK新春生放送
「年の始めはさだまさし」に出演させていただきました
大阪市中央体育館は8800人のお客様で埋め尽くされました





三浦しをんさんの小説
『仏果を得ず』(双葉社)が文庫版になりました
文楽の若手太夫が描かれた小説で
私も及ばずながら協力させていただきました


過日 国立劇場デジタル情報館で開催されました
「あぜくらの集い」のレポートが
下記のあぜくらのページでご覧いただけます
http://www.ntj.jac.go.jp/member/event/eve100210.html


赤川次郎先生の著書 「人形は口ほどにものを言い」(小学館)
小学館の文庫本 「文楽入門」として発売されました
僕をたびたび登場させていただけました
是非ご購読の程をお願い申し上げます



OSAKA 文化力 No106
大阪21世紀協会の広報誌
裏表紙の誌上舞台に登場しました
下記の大阪21世紀協会のページをご覧下さいませ
http://www.osaka21.or.jp/publishing/e-book/no106/total.pdf


日本標準
「とっておきの道徳授業7」
119ページから122ページまで
稽古の内容などが中学校の道徳の授業用教材として取り上げられました
詳細は下記の日本標準のページをご覧下さいませ
http://www.nipponhyojun.co.jp/sinkan/totte_chugaku7/index.html


世が世なら加賀のお姫様の
「加賀梅のページ」
この中にある僕のファンクラブのページ
「もじひさ倶楽部」では
僕とのQ&Aコーナーや これまでの出演履歴
これからの主な出演予定など色々盛り沢山にあります
どうか「気ままな絵日記」ともども
よろしく御願い申し上げます
http://www002.upp.so-net.ne.jp/kagaume/