株式会社
カルディオメド
ご連絡先

東京都相模原市


電話042−855−6005
                 株式会社 カルディオメド WEBサイト 詳しくは左のページをクリック頂きご参照願います
地方販売代理店募集

造影剤の手動注入に、使い良さを

、改良して、加えました。

インデフレータ

インフレータ

製造発売元 カルディオメド

地方販売店募集

ハートハッガー



製造発売元

カルディオメド
動く心臓模型

 Bearting Heart

拍動くん
2003年の胸部外科学会よりOPCABGの為の拍動した心臓模型を紹介しております。
 
拍動下で心臓バイパス手術の練習が簡単にできる唯一の方法となっています。

特に今後心臓外科医を目指す若い先生方には、臨床に望む前に体験して頂きたいものです。

また、現在手術をされている先生方にも日々のイメージトレーニングにご使用して頂ければ幸いです。
骨補助用医療バインダ

胸骨の安定を実現

開胸術後の合併症(縦隔炎)予防

開胸術後の患者さんの傷の痛みを和らげます。

米国FDAークラス1に認定の治療用医療バインダ
商品の特徴

機能性 この器具は、患者が必要な時に使用し、不要な時ははずしておくことが出来ます。
患者の肩に装着して使用し、装着したまま患者はどこへでも移動できます。
このハート・ハッガーは、A4サイズのベルトで胸骨全体をおおい、胸部中央の創部の上あたりに調節用のハンドルがあります。
咳をしたくなったときは、片手もしくは両手でこのハンドルを握り締め、胸壁を押さえて手術による傷口を固定するようにします。
ハンドルを握らなければ、ハート・ハッガーは緩んだまま胸の動きを妨げません。胸骨の周囲全体を均一の圧力で固定するので、
機能性の点で枕やテディベアよりはるかにすぐれています。 経済性 胸骨切開手術後の治療にあたり、
ハート・ハッガーはコスト面から必須の器具であると自負します。ある調査では、1990年の胸骨創部合併症を患う
患者の病院費用は、手術費用を除いて、58,092ドルでした。米国メディケアおよびブルークロス対象の患者を比較した
調査では、平均病院費用は9,000から73,300ドルですが、接合部離開による縦隔炎にかかったメディケア患者に対しては
病院側の損失が一人当たり6700ドルにのぼります。 入院期間の短期化 ハート・ハッガーを使用することにより、
患者は傷口にかかるストレスに注意を払い自分自身でケアできるようになります。その結果、状況に応じた早期退院も
可能となります。通常のケースで、退院後2〜3週間患者は普通の服装の上からハート・ハッガーを装着します。
患者の早期回復 胸骨切開手術を受けた患者の早期回復にとって重要なポイントの一つに、退院後も呼吸器関連の
治療指導を継続することがあげられます。また、回復期にある患者を幅広く検証した結果、管理を患者自身に返すことによって
患者に自信がもどり、ひいては肉体的回復が早まることが判っています。(ロコス・オブ・コントロール・セラピー)
ハート・ハッガーは、患者に自分自身を管理する力と自信をもたらします 手術創部の固定 手術後の療養において、
十分な咳と腹式呼吸を行う必要があります。咳により起こる振動を伴う胸郭拡張によって、胸骨創部に過剰なストレス
が加わります。起立や移動といった他の通常の活動もさらなるストレスを生み出します。患者が痛みを感じた時はいつでもすぐに、
本商品がこれらのストレスに対抗する圧力を提供します。 痛みのコントロール 胸骨切開手術後に感じる痛みは傷口の
ストレスを示唆し、なんらかのトラブルが発生していることを意味します。ハート・ハッガーによって、患者は24時間痛みを
コントロールできるようになります。さらに、退院後の呼吸および咳の訓練にともなう痛みが軽減するので、
病院指導を忠実に実行することが容易となります。 合併症発症率の低下
Annals of Thoracic SurgeryのLoop and Cosgroveによると、退院後および手術後1年間の死亡率は入院中とほぼ等しい
といわれています。本商品が持つ傷口にかかるストレスを管理する技術によってこのリスクが低下します。
再入院の減少 胸骨創部の離開による縦隔炎は、通常、手術後6日から3週間後に発症が確認されます。
しかし、病院は手術後4あるいは5日後に患者を退院させるケースを増加させています。1990年の調査では、
胸骨創部の合併症による平均入院期間は43日間で、うち5日間はICUです。別の胸骨切開手術に関する研究では、
ハート・ハッガーを使用しなかったグループでは再入院した患者は著しい数にのぼりましたが、
本商品を使用したグループでは再入院した患者はいませんでした。