書肆「天青石」-鉱石&ハーブ-  ファンタジー小説とエッセイのサイト
●ノンフレームはこちらから

 

エッセイTOP

ハーブ

鉱石

水

 


●目次

第1話

 

 

 

 

 

第1話「薔薇」

春に買ったバラ苗が咲いた。
鉢に植えた中輪の白(WHITE MAGIC)と、同じく中輪のオレンジ色(ORANGE SUNSHINE)だ。
特に白バラは、大きい鉢に植えたのに(植えたから?)、風でひっくり返るし、アブラムシがびっしりと新芽やつぼみを埋めつくしていたり、とにかく手がかかった。
バラを育てるのって、こんなに大変だったのかぁ〜。とちょっぴり後悔するくらい。
肥料(骨粉の入った有機系肥料)は臭いし、水やりも大変だった。

6月になって、無事にどちらも咲いた。
咲いたのはいいけれど、「ORANGE SUNSHINE」が赤い。
苗についてきたタグには黄色味の強いオレンジ色の写真がついていたというのに!
咲いた花はどう見ても、朱色にしか見えない。
タグのオレンジ色は印刷だから?
写真が色あせていたから? 肥料の関係で色が濃くなった??
ずっとオレンジ色だと思って育ててきたから、裏切られたような気分で、悲しい。

赤いバラと白いバラ。
二つ並べると、なんだか、めでたい色合わせ……。
そんなつもりじゃなかったのに。
でも、まあ、仕方がないか。

 

2000年のハーブエッセイ